【パチ倒】原口は黙る事を覚えたほうがいい~【パチ倒】出来損ないの法律を万能薬のようにアピール

【パチ倒】原口は黙る事を覚えたほうがいい


昨日のブログのコメントにあったのですが、
中国発の新型肺炎について懐疑的なコメントがありました。

米国が怪しい研究をしてて云々みたいな陰謀説はよくあるのですが、
そういうのはMMRくらいにしておいたほうがよいと思います。
もしくはムー。

中国はたとえば生きたネズミ(小型のもの)の躍り食いとかもあるようですし、
衛生観念はほんっとうに低い国です。

そんな中で四つ足のものは椅子とテーブル以外はみんな食べると言われるほど
動物であれば片っ端から自分達の食事にしてしまいます。

市でコウモリ、ヘビ、ラクダ、猫、ありとあらゆる動物が
食用として取引されていますし、
豚と鶏とも身近に暮らしていて
下手をすれば家畜を盗まれないために夜は屋内に入れてしまうなどあるわけです。

つまりはありとあらゆる病原菌のキャリアを消毒せずに取り扱う市があたりまえで
しかも鶏や豚などとも常に異常なほど近い距離で暮らしているのです。

こういう環境のためにウイルスが変異して他の主の動物への感染力を獲得し、
さらに人間や家畜が人への感染力を獲得したウイルスの培養、拡散をする事になります。

また、今回は12月の段階から確認されていたとの話もあり、
潜伏期間が9日程度とされる今回のウイルスについて
今の爆発的な感染者数の増加は
「爆発的に広がる事ができる状態まで情報を隠蔽していた」
という事が極めて大きいのだろうと思います。

SARSのときから何も学んでいません。

それから昨日の記事で杉田水脈議員を批判していますが、
ブログ主は杉田水脈議員が間違った事を言ったとは思っていませんが、
反日と戦っている議員なのでマスゴミに狙われているのだから
ノリとか勢いとかで「ついやっちゃった」みたいな事はいい加減卒業してほしいと
そういう目的で批判しています。

なにせ安倍総理に至っては・・・以下、朝日新聞より。

【首相、ヤジを「ふっ」と鼻で笑う?旧民主党批判した後に】
 22日の衆院本会議の代表質問で、答弁に立った安倍晋三首相が旧民主党政権を揶揄(やゆ)する答弁の最中に野党席から強まったヤジに対し、「ふっ」と鼻で笑ったかのように見える一幕があった。首相は国会審議や選挙演説などで旧民主党政権の批判を繰り返しており、通常国会序盤のこの日も止まらなかった格好だ。
~以下省略~
(2020/1/22 朝日新聞)

「ヤジに対して鼻で笑ったかのように見えた。」

朝日新聞は反安倍のため安倍批判の記事を必ず毎日書いているわけですが、
批判するネタにこまって「~~かのように見えた」って。

ヤジに対して受け流してスルーしただけで批判されるんですよ。

反日マスゴミはそれほど異常な人達なんです。
踏み込んで言えばまともな日本人の感覚はもはやもってませんよ、あいつら。

なので杉田水脈議員はこういうところをきちんと理解し、
常に意識して発言するようにすれば
反日マスゴミにとってより邪魔な存在になることができるはずです。

では、読売新聞の記事から。

【国民・原口氏「阻害要因は我が党に、後ろから鉄砲撃つ者も」…立民と合流協議先送りで】
 国民民主党佐賀県連の原口一博代表は25日、同党と立憲民主党の合流協議が先送りとなったことについて、「阻害要因は我が党にある。これでは自民党を利するだけだ」と語り、国民内で信頼関係を構築できなかったことが要因との見方を示した。佐賀市での会合後、報道陣の取材に答えた。

 協議は21日、国民の継続要求を立民が拒否。党名や人事、原発政策などの合流条件を巡り、両党の溝が埋まらなかった。

 早期の合流実現を訴えてきた原口氏は「(国民内の)後ろから鉄砲を撃つ者もいる。メンツや恩しゅうにとらわれてはいけない」と危機感をあらわにした。

 その上で、「早期の結集に向け、再加速できるように頑張りたい」と改めて強調し、今後、党の執行役員会などで働きかけを強める考えを示した。
(2020/1/26 読売新聞)

先日の国民民主党の総会で
津村啓介が代表となって提出された立憲民主党への合流決議が否決されたわけですが、
提出賛同者21名のはずが立民への合流決議はなぜか19名賛成でした。

2名裏切った計算なんですよね。

政党の合併のたびに本来なら国庫へ返納されるお金を
直前に自分の政治団体にまるっと振り込ませて私腹を肥やしてきたのが小沢一郎です。

そして党の主導権を握ってしまえば小沢一郎は
今度は立憲民主党との合流も実質的に小沢主導で進める事が可能になります。

そこで比例ゾンビと小沢の息のかかった議員を焚き付けたのでしょう。

かつて民主党政権時代に
小沢一郎が菅直人から権力を奪い返そうとするのに便乗して
小沢の軽い神輿になろうとしていたのが原口一博でした。

しかし、小沢一郎の性格の悪さを旧社会党の連中が忘れておらず、
旧社会党系の議員達が菅直人側についたことで
小沢一郎の企みは失敗に終わりました。

今回、津村啓介らを焚き付けたものの
津村啓介らは事前にツイッターで行動を明らかにしていました。

立憲民主党と国民民主党に分裂したことで
旧同盟系、つまり旧民社党系の労働組合が国民民主党側に、
旧総評系、つまり旧社会党系の労働組合が立憲民主党側に
うまいこと分かれていました。

そもそもが公務員系労組を中心とした総評と
民間企業系労組を中心とした同盟系では
利益相反の関係が生まれる事になるため
連合という巨大な組織としてまとまっていることに無理があります。

特に民主党政権では「国内産業の空洞化」つまりは
日本人の雇用の破壊だけを進める政策を連合は組合員の反対を無視して支持。
そうした事があって各組合内に不満がくすぶる原因を作りました。

野党に転落後も国内の雇用を悪化させる主張だけを続けた民主党を
連合の労働貴族どもは断固支持の路線を継続しました。
これでついに2016年に化学総連が連合から離脱しました。

民主党としては国内経済が悪化するほど国民の不満が高まるので
政権交代を狙うためには消費税の増税を強く要求し、
さらに将来のための研究投資を否定し、
とにもかくにも日本の停滞を作る事が第一の政策方針となっていました。

国内経済の敵である民主党を無条件に支持しろ、
俺たち連合にもちゃんと上納金を出し続けろ
そんな事に納得できない組合員が相当数出たのでしょう。

特に民間企業労組系の大手組織であるUAゼンセンでも
そうした不満は相当に出ていた事は以前から指摘されていました。

このため立憲民主党への合流に難色を示す
民間労組系を基盤とした国民民主党の議員にとっては
下手に合流してほしくないという立場もあるのです。

そうした中で今回、津村啓介らは
玉木雄一郎が合流に条件を提示して交渉している事を無視して
立憲民主党への強硬な合流決議なんてものを事前にアピールしていたわけです。

これが成功すれば、実質クーデターになるわけで
玉木雄一郎は主導権を失うことになります。
となれば小沢一郎が主導権を握る機会となるでしょう。

さて、誰が焚き付けたのやら。

ともかくよせばいいのに津村啓介は自分達の動きをSNSで
あらかじめアピールしていたために動きが丸見えでした。

小沢一郎にアレルギーがある議員は少なくありません。

なにせ合流してきて党を乗っ取って
挙げ句に民主党を割って転落の原因を作った張本人とみなされているのですから。

小沢一郎をよく思わない人達にとっては
津村啓介らの動きが見えている中で何もしないはずがなく。
巻き返された結果が決議案の否決となったと思います。

そして国民民主党議員総会当日に土壇場で原口一博も寝返った・・・と。

今はそのことを誤魔化すために
顔を真っ赤にして「犯人捜し」なんて言ってやっているのでしょう。

原口一博の手首は超高速でひっくり返る特殊な関節になってますからね。

そして津村啓介は・・・。

【国民・津村副代表が進退伺 決議案公開による混乱理由】
 国民民主党の津村啓介副代表は22日、党本部で平野博文幹事長に会い、立憲民主党との合流について議論した先の両院議員総会で「議事を混乱させた」などとして、副代表職の進退伺を提出した。

 津村氏は合流推進派で、両院総会で早期の基本合意を求める決議案を提出。提出に先立ち自身のツイッターに決議案を掲載したことで、総会中に同僚議員から「厳しくおとがめを受ける事態」になったという。 
(2020/1/22 時事通信)

ま、当然の流れでしょうね。

そしてこれで国民民主党を辞めて
1人で先に立民へ逃げ込もうというところでしょうか。

大串博志も似たような流れで立憲民主党へさっさと逃げましたからね。

ちなみに・・・民主党から分裂している岡田克也らの無所属のグループについては。

【「無所属フォーラム」岡田克也元副総理、立憲との合流否定「呼びかけはない」】
野党系の無所属衆院議員12人のグループ「無所属フォーラム」を率いる岡田克也元副総理は23日、立憲民主党の枝野幸男代表からの野党合流の呼びかけに関し、「国民民主党との交渉を枝野さんが呼びかけたわけで、野田さん(佳彦前首相)と私のところには、同じレベルでの呼びかけは別にない」と国会内で記者団に述べ、岡田氏のグループが立憲と合流することは当面ないとした。

 枝野氏が昨年12月6日に野党合流を呼びかけた会合に岡田氏は同席しており、記者団が対応を問うと「呼びかけは(自身のグループには)別になかったんじゃないか」との認識を示した。

 無所属フォーラムには、比例代表で当選し、立国合併で新党ができなければ立憲に入党できない議員がいる。

 岡田氏の主張に対し、立憲幹部は「共に戦おうと岡田氏にも呼びかけたはずだが……」と困惑の表情を見せた。【野間口陽】
(2020/1/23 毎日新聞)

立憲民主党は合流しろという呼びかけはしていないようです。

立憲民主党が国民民主党に強硬な合流圧力をかけているのは
以前から書いているとおり
「国民民主党がため込んでいるお金が目的」
とされているわけですが、
なるほど無所属なら政党助成金が出ませんからね。

お金がない奴らには合流は呼びかけない・・・と。
わかりやすすぎて立憲民主党の程度がよくわかります。

金が目的であるからこそ立憲民主党は
国民民主党に対して一方的に吸収されろとしか言わないのでしょう。

玉木雄一郎は立憲民主党が役員の決定方法について規約がない事を指摘しています。

今の立憲民主党は旧菅内閣のメンバーが内々で役員を決められる
という極めて不透明な体制のままなのです。

これであれば国民民主党を吸収して国民民主党のお金も
旧菅内閣のメンバーで好き放題に切り取りできるので
立憲民主党側は指摘されても規約なしを改める気はないようです。

立憲民主党と国民民主党の間抜けなところは
国会の控え室の壁を「合流するのだから」と昨年撤去させたところでしょう。

合流できないのに撤去させた壁はどうするんでしょうか?
また壁を作るつもりでしょうか?

【パチ倒】奴らのヘイトの基準の一つは「俺たちにとって都合が悪いから」


現在、京都では2月2日投開票の京都市長選挙が行われています。

共産党とれいわ新選組が応援する福山和人候補の1月25日のツイートが以下。

奴らのヘイトの基準の一つは「俺たちにとって都合が悪いから」_d0044584_04183776.jpg

ヘイトスピーチ規制条例つくります。
だそうですよ。
ヘイトスピーチ、人種差別、ヘイト規制強化、民族差別。
ハッシュタグもひどすぎて話になりません。

日本人のための政治ではなく
特定の反日勢力のための政治を行うということを全く隠そうとしません。

いろんな人が共存していたのならなんで
「日本人だけは守らない、日本人だけを処罰する条例」
なんてものが必要なんでしょうか?

そして京都市長選挙では
現市長の門川大作氏が立ち上げた
「未来の京都をつくる会」
がこんな広告を出していたようです。

奴らのヘイトの基準の一つは「俺たちにとって都合が悪いから」_d0044584_04193367.jpg

共産党の市長は「NO」
対立候補が共産党なのでこういう広告にしたのでしょう。

で、このことで共産党の委員長を20年も無選挙で続けている志位和夫は
こんなツイートをしています。

志位和夫@shiikazuo

現職市長陣営が、政策論争から逃亡して、ヘイト広告で選挙を汚すとは。
福山和人さんの政策のどこが「独善的」?
市民の切実な願いをもとに、市民のみなさんと相談を重ねてつくったものじゃないですか?
民主主義を汚す人たちに負けるわけにいきません!! https://twitter.com/minako_saigo/status/1221213660393033728 …

西郷南海子🌹Minako Saigo@minako_saigo

ひぇーー!!
今日の京都新聞6面です。
こんなデマ広告ってありなんですか??
この広告に、自民党・公明党だけでなく、国民民主党・立憲民主党・社民党も名を連ねています。#京都市長選 #かどかわ大作

Twitterで画像を見る

8,991

Twitter広告の情報とプライバシー

5,355人がこの話題について話しています

志位和夫@shiikazuo
現職市長陣営が、政策論争から逃亡して、ヘイト広告で選挙を汚すとは。
福山和人さんの政策のどこが「独善的」?
市民の切実な願いをもとに、市民のみなさんと相談を重ねてつくったものじゃないですか?
民主主義を汚す人たちに負けるわけにいきません!!

共産党の市長は「NO」
これがヘイトだそうですよ。
共産党だと指摘されたらヘイトって
それじゃ共産党やめればいいでしょう。

この志位和夫という20年も無選挙で共産党のトップにいる
民主主義をその自らの身をもって否定している志位和夫にとっては
(実際には院政を敷いている不破哲三が実権を握っていますが)
共産党であることとか政策の問題点だとかを指摘されたら
「ヘイト」なんだそうですよ。

そしてそういう連中が出してきた候補者が
ヘイトスピーチ規制条例を作ります!
ってアピールしているわけです。

となると「共産党にとって都合の悪い事」がヘイトの基準の一つになることでしょう。

ヘイトスピーチ規制条例は
大阪維新が大阪市で実際に実行したように
特定の勢力にとって都合の悪い言論をする人間を攻撃するための道具です。

なにせ弁護の機会を与えるなどと言って
保守速報に対してその該当のウェブページを削除しろと命令し、
保守速報が指摘されたウェブページを削除したのに
大阪市は保守速報の管理人の個人情報を公表するという私刑を実行しました。

保守速報側に対して弁護の機会を与えるというのはウソで
弁護の機会を与えたことにしないと
一方的に私刑にしたことがバレてしまうから
アリバイ作りの形だけの事をやったというだけでした。

保守速報を大阪市が「私刑」にしたわけですが、
その私刑を決定するにあたっての議事録等は一切公表されていません。

場合によっては社会的に抹殺しかねない事を実行するというのが
大阪市のヘイトスピーチ規制条例なのに
その決定過程が全くの非公開なのですから
これで公平性だの中立性だのを担保できるはずがありません。

在日を日本国民より優先する大阪維新としては
在日達が以前から主張している
「まとめサイトを潰せ」
という事の手始めとして有名な保守速報をまずは攻撃ターゲットにしたに過ぎないのでしょう。

こう書くと必ず熱心な維新信者が
「共産党と組む自民党が-」
と書いて維新を正当化しようとしてくるのですが、
共産党と組んでたのは2015年の選挙であって
2019年の選挙ではお断りを入れてますよ。

ただ大阪府連の幹部どもが無能揃いであることで
2019年の選挙でも共産党と組んでいるように散々宣伝されたというだけです。

2015年当時の自民党大阪府連は
安倍総理と菅官房長官がはっきりと嫌がっていたのに
維新に対抗するためならと2015年の市長選挙で共産党と手を組みました。

そして共産党と組んだことで自民党から票が逃げ
大阪維新をさらに利する形で惨敗しました。

共産党と手を組んだら普通の人が逃げるんですよ。
だから自民党支持層からも大阪維新に投票した人が多数出ました。

その後、無能な自民党大阪府連は会長が交代したものの
交代した会長は無策でただ時間を浪費するだけでした。

そろそろ維新がダブル選挙に打って出てくるぞという段になっても
ひたすら受け身、具体的な手を全く打ちませんでした。

そして2019年の大阪市長選挙では
共産党支持者の票も入った方が有利になるのではないかと
またしても2015年と同じ間違いを犯そうとしていました。
ただ、共産党とはっきりと手を組んだことで票が逃げた事から
今度は共産党と共闘などはしませんでした。

しかしながら、やはり今度の大阪府連会長もただのアホなので
2015年の敗因をろくに分析しておらず、
共産党が勝手に応援するのならそれは否定しない。
そうすれば少しは票が増えるのではないかと余計な色気を出して
はっきりと共産党をお断りしない曖昧な態度をとり続けました。

そこで維新とその支持者達が
共産党と組んでいる自民党という4年前の構図を持ち出して
同じ構図であるという宣伝を繰り返しました。

自民党大阪府連の曖昧な態度を
これでもかとデマの材料に悪用した維新の宣伝に
慌てた長尾たかし議員が党本部にはかって共産党に正式にお断りを入れたものの時すでに遅し。
維新はとその支持者達の
「共産党と組んでいる自民党」
という4年前の構図を持ち出して今回の選挙も全くおなじであると
喧伝する選挙戦術はすでに全く払えないほど広がって成功していました。

特に足立康史議員に至っては2015年の選挙の時の画像を
4年前の選挙の画像だと言わずにツイートして拡散させるなど
積極的にデマを飛ばしていました。

結局、無能すぎる自民党大阪府連は
なんの戦略もなしに
「反維新なら共産党だって否定しなければ票を入れてくれるかも」
という愚かな考えから曖昧な態度を選挙前半に取っていたため
選挙後半で共産党に正式にお断りを入れたところで
全く挽回することができず惨敗しました。

ろくに選挙戦略をたてず
大阪維新がダブル選挙に打ってでるまで
いたずらに時間を浪費して待っていただけ。
これを無能と言わずしてなんと言いましょうか。

戦略のない人達が戦略のある人達に勝てるはずがないのです。
その点で自民党大阪府連は負けるべくして負けました。

大阪維新がタイミングを計ってダブル選挙に出てくるよというのは
あらかじめ予想されていた路線です。
それにすらも全く対策を講じることなく
大阪維新が仕掛けてくるまで何もせず、
大阪維新が仕掛けてきてから「どうしようか」と考える始末でしたからね。
それで勝てるはずがありませんよ。

ただ、共産党と共闘していたのは2015年の選挙の話です。

大阪維新のオーナーである橋下徹は
松井と吉村という手下を通して
党を支配するという構造を作り上げていました。

ところが2017年の総選挙で予定より振るわなかった事で
丸山穂高議員が党として選挙の総括をすべきだと主張。

これに橋下が「責任を取らないポジションから橋下徹が実権を握り続ける」
という自分の支配体制を脅かすものだと思ったのか激怒。
丸山の言い方が、態度が気に入らないという難癖から始まり、丸山穂高と対立しました。

その後2019年に北方領土問題で
丸山穂高が酒癖の悪さから余計な発言をしました。
これを橋下がチャンスとみて
丸山穂高を維新の会を挙げて潰しに行きました。

そして維新の会はその橋下の意向どおりに丸山穂高を潰そうと
立憲民主党、共産党とあっさりと手を組んで
丸山穂高議員辞職勧告決議案を提出し、自民にも賛成を要求しました。

去年のこの顛末を覚えていれば
維新の会は私怨であっさりと共産党と手を組むのだとわかると思います。

さて、自民党大阪府連が褒められたものではないというのは事実ですが、
同時に自民党大阪府連のガンの一つだった
部落解放同盟の代弁者谷畑孝は今は維新の会に所属しています。

在日と共闘関係にある部落解放同盟ということを考えれば
(おかげで掘りの全く深くない顔の自称アイヌなんてのが跋扈する始末ですが)
谷畑孝が自民党より維新を選ぶのは当然だったのかもしれません。

さて、かなーり脱線しましたね。

志位和夫が自分達が擁立した候補について
共産党だと指摘される事をヘイトだと主張したことで
連中の言うヘイトの定義とやらが
「自分達が都合が悪いと思っていること」
というものであることがあらためてはっきりしたと思います。

元々、民団と解同は「人権擁護法案」によって
「差別」の名の下に日本人を弾圧し、
自分達が日本人の上に君臨するシステムを作ろうとしてきました。

このため公明党は積極的に人権擁護法案を実現させようとしてきましたし、
民主党もまた人権擁護法案成立を目指して活動してきました。

しかしながら、民主党政権になる前に
人権擁護法案が一部の反日勢力が自分達の特権を守りながら
日本人を弾圧する目的の法律であることが看破され、
ネットでその実態が広まって行っていました。

そこで出してきたのが「ヘイトスピーチ規制」というわけです。

「差別」というのを「ヘイト」という定義のいい加減な
今回取り上げた志位和夫がツイートでもわかるとおり、
反日勢力にとって
「俺たちに 都合悪いの みなヘイト」
という事がヘイトの定義の実態なわけです。

ですのでこのような条例を許してはなりません・・・が。

国会で西田昌司が有田芳生と2人で対談動画まで作って
自画自賛していた「ヘイトスピーチ解消法」という理念法が成立してしまいました。

これを根拠にして川崎市もヘイトスピーチ処罰条例を
少数派である自民党を押し切って
公明党、共産党、みらい(民主党の看板偽装部隊)の反日会派で強行しました。
(投票率が低いので組織票が幅を利かせすぎて反日勢力が2/3を占めるのが川崎市議会)

そして今度は相模原の本村賢太郎市長が

【ヘイトに罰則条例、相模原市も制定へ 21年度にも】
 相模原市の本村賢太郎市長は20日、特定の民族や人種に対する差別をあおるヘイトスピーチを解消するため、罰則付きの条例を制定する考えを明らかにした。2021年度中の制定をめざすという。
~会員専用記事のため省略~
(2020/1/21 朝日新聞)

この本村賢太郎は人権擁護法案成立に党を挙げて動いていた
小沢一郎率いる旧自由党出身です。
その後は民主党へ合流。
そして昨年から相模原市長へ転身した人物です。

小沢一郎の相棒である藤井裕久の秘書出身でもあり
その経歴からもガチの反日畑を進んできた議員でしょう。

神奈川県は基本的に地元の選挙をサボる有権者が多いようで
相模原市議会も川崎市議会ほどではないにせよ
公明党、共産党、市民民主クラブ(民主党の看板偽装)の反日勢力で過半数を抑えています。
相模原市議会についても川崎市と構図は似たようなものだと見るべきでしょう。
だからこそ本村市長は
ヘイトに処罰条例を作るなんて言い出したのだろうと思います。
強行採決が可能ですからね。

日本のマスゴミはきちんと政治について報じません。特に地方政治なんてまずまともに報じられる事はありません。そもそもマスゴミの政治部が政策ではなく政局にしか興味が無いので地方議会なんてろくにチェックしていませんからね。情報がないのに有権者に興味を持てなんて無茶な話ですよ。
また、政治について関心を持っている場合は
極左思想じゃないと叩く輩がゴロゴロいます。
このため公の場で政治について議論するような空気は日本にはありませんし、
むしろ政治については他の人としゃべらない
というのが「トラブルを避けるための常識」になってしまっています。
元々パヨクはまともな議論ができないので
保守的な事を言おうものなら攻撃的になって黙らせるのが基本ですからね。

ですが今はSNSなどがあります。
政治について意見を言ってしまいましょう。

私たち有権者が地元の政治に興味を持ち、
きちんと投票にいかないと
公明党や共産党、そして民主党系のいわゆる組織票をバックにしている反日勢力が増えるのです。
それが組織票ってものの強さなんですから。

繰り返し書いていますが
選挙になると
「理想の候補者がいないから」
と投票をサボる人がいます。

自分の理想の候補者なんて
究極的には自分と同じ考えの人間でかつ自分よりも優れた人間
という奇跡的な確率でしか現れないケースなんですよ
そんなものを待っている間に滅びますよ。
選挙は「よりマシな方を選ぶ」のです。

よりマシな人達が増えていって
そこでようやく「さらにマシな人達」が出てくる素地ができるんです。

物事を良くしていくのは一歩ずつ積み重ねていくしかないんです。

理想のヒーローが出てきて一発逆転なんてことはありません。
現に安倍総理を見ればわかるとおり、
憲法改正に行こうにも党内も敵だらけ。
消費税増税したくないけど財務省の最大の庇護者が麻生太郎。(しかも第二派閥の領袖)
だからバランスを取って少しずつ進めるしかない状況なんです。

逆に立憲民主党を見れば菅内閣が席替えをしただけのメンバーで

・質問通告もろくに出さない質問をして希望通りの答弁をしないとキレて審議を停止させるのが売りの福山哲郎
・赤松口蹄疫
・歩く風評被害、僕は原子力に詳しいんだ。福一爆破犯の菅直人
・フルアーマー枝野
・セメンといて辻元
・和牛投資なら元金補償、絶対に利益が出ます!海江田万里
・国籍不明なアイツ
・国会で自分が見た夢を長々語ってた逢坂誠二
・映像に微かに写っていたかもしれない海苔巻きで久兵衛の寿司だと断言する男、黒岩宇洋。
・デマノイ
・民団のために帰化して議員になったと言った白眞勲
・ガソリン値下げ隊隊長
・キャミソール荒井

…飲食店に入って目の前に大きなゴキブリが落ちてきたみたいな状態ですよ。

ものごとを良い方向に変えていくには相当な努力が必要です。
ですが、立憲民主党を見れば
物事を悪い方向へ持っていくのは実に簡単にできてしまうのだなとわかるはずです。

ヘイトスピーチ解消法はもし罰則付きの法律にしたら

日本国憲法第14条の
「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」
に抵触するという問題法です。

だからこそ理念法ということにしたとも言えます。

国の方で成立した法律そのものに問題が生じてしまう危険があったわけです。
一応、付帯決議に日本人についても同様に扱う旨の文言を入れたと言っています。
ですが、川崎市の共産党、公明党、そして「みらい」(民主党が偽装している)の反日3会派は
ヘイト処罰条例で取り締まる対象を日本人だけにするという
日本人差別を目的とした内容で条例を強行しました。

ようするに川崎市の反日3会派の議員達は
国でヘイトスピーチ解消法ができたからそれに基づいたなんて言い訳をしていますが
そんなのはウソで、最初から目的は決まっているのでその目的に都合の悪い文章はなかったことにしているわけです。

こういうあからさまな悪用の事例が出来た以上、
悪用の手本になったと言っている
国のヘイトスピーチ解消法そのものの本文の方を修正すべきです。
日本国憲法にきちんと適合させ、
特定の人種だけではなく日本人も含めて保護対象にする文言に改定させるべきでしょう。
「憲法を守ることになるのですから共産党や立憲民主党がこれに反対するのはおかしいですよねー(棒読み)」とでも言ってやればいいと思います。
さて、ついでに悪法ができた背景についても考えたかったところですが
長くなったのでまた別の機会に。

【パチ倒】共産党の選挙違反を野党合同ヒアリングしたら?


パワ原口一博が一昨日こんなツイートをしていました。

原口 一博@kharaguchi

安倍晋三さんが政治資金規正法、公職選挙法に違反していないという証拠を出すように迫りました。
桜を見る会前夜祭のホテル明細書。ホテルが出したとする領収書。
言葉で言うだけで有利な証拠なのに出しません。

Twitterで画像を見る

1,262

Twitter広告の情報とプライバシー

1,896人がこの話題について話しています

—–
原口 一博@kharaguchi
安倍晋三さんが政治資金規正法、公職選挙法に違反していないという証拠を出すように迫りました。
桜を見る会前夜祭のホテル明細書。ホテルが出したとする領収書。
言葉で言うだけで有利な証拠なのに出しません。
—–

典型的な悪魔の証明なのですが
それを堂々とツイートするというあたり、
一般の人達のほとんどがマスゴミのデマで騙されている事が大前提なのでしょう。

もっとも、原口一博なら悪魔の証明ということも知らずに本気で言っているかもしれませんが・・・。

志位和夫、福島瑞穂、岡田克也、鳩山由紀夫、小西洋之・・・・
東大出で深刻なレベルで頭が悪い政治家がゴロゴロいますからね。

久兵衛への風評被害デマを振りまいた
黒岩宇洋の質問中の画像を使ってのツイートでしたが、

「安倍晋三さんが政治資金規正法、公職選挙法に違反していないという証拠を出すように迫りました。」
(総理という敬称を使わないように「さん」にしているところもせこい人格がよくあらわれてますね)

・・・こんなのをツイートしていられるんですから
これは本格的に頭がいかれているようです。

疑う方が「こういう証拠があるぞ!どうなんだ!」
と、違法性を立証する証拠を出さなきゃ話になりません。

モリカケの時から1ミリも変わらないロジックなんですよね。

「証拠は一切ないが俺達はおまえが違法行為をやったと確信している!いや、間違いない!否定するのなら違法行為をやってない証拠を出せ!」

こんなロジックでモリカケでも3年間も国会の貴重な質問時間を潰してきただけでなく
数百回に及ぶ野党合同ヒアリングでは官僚に対して怒鳴りつけるなどを繰り返して
一言でまとめると
「アベは違法行為をしていたと自白しろ」
という強要を続けただけです。

結局、証拠なんて何一つない上に
冷静に考えればどうやっても違法にするのが難しい案件でも
「俺達が怪しいと思ったからアベは真っ黒だ!真っ黒ではないと言うのなら無罪の証拠を出せ!」
と言い続けてきました。

そしてマスゴミがこれを助長するために
安倍総理の無関係を補強する証拠が出てくるたびに証拠を報じずに無視し
「怪しい!疑惑はますます深まった!」
と繰り返すということを3年もやってきたのです。

しかしながら有権者も気がつき始めたので
モリカケをやればやるほど野党の支持率が下がるようになってきたので
共産党が新しいネタを探したら
「桜を見る会に5,000万円も使っている!買収だ!」
という話だったわけです。

新宿御苑を借り切って警備まで付けて5,000万円で済ませているのですから
むしろかなり低コストで済ませている形ですし、
桜を見る会が早朝の御苑の開園前を借り切って行うため
東京および近郊でない限りは宿泊した上で参加が必要です。
しかも交通費宿泊費も参加者の自腹です。
これで買収なんて言うのはどうかしていますよ。

だからこそモリカケと同じく
マスゴミと反日野党側は超高速でゴールポストを動かしていったのです。
でないと「あれ、ぜんっぜん問題ないじゃん」とバレてしまいますからね。

・桜を見る会がー、買収だー
 →参加者の持ち出しの方が多い買収ってなんですか?w

・前夜祭がー!5,000円はありえない!買収だー!
 →もともと「一人5,000円で済むようにお願いします」でプラン立ててるだけでしょ。
 →安住淳が都内のホテルで一人1,739円でパーティーをやっていたことも判明。
  安すぎるのだから安住淳の方こそ買収じゃないの?

・黒岩宇洋「前夜祭では久兵衛の寿司が出ていた!5,000円は絶対にありえない!」
 →久兵衛の寿司ではありませんでした。

・石川大我「見積もりを取ったら一人13,127円もかかる事がわかった!やはりアベによる買収だ!」
 →会場を安倍総理後援会が使ったものより高級なものにし、ビュッフェに大食い大会のようなありえない量をつけて高額になるように仕込んでいたインチキ見積もりでした。
  石川大我は目的のために平気で嘘をつくあたりやっぱり立憲民主党議員ですね。

・領収書がー!領収書が安倍総理事務所にないのはおかしい!
 →ホテル側と参加者各自で直接支払いをやりとりしているので安倍事務所が領収書を持っているはずがない

・桜を見る会の招待者名簿がー!
 →政務と直接関係の無い個人情報なんだから個人情報保護の観点からも処分されて当然でしょ

・シュレッダーがー!
 →未使用のコピー用紙800枚も無駄遣いして何したいの?

・下関がー
 →黒岩宇洋を筆頭に立民、共産、民民の議員どもが税金で下関旅行

以下、まだまだあるのですが面倒くさいのでこのあたりで。

モリカケをただ桜を見る会に変えただけで
やり方は全く同じ。
違法性がまったく立証できないくせに
高速でゴールポストを動かしてどれがゴールか
やっている本人も全く把握できない状態にすることで
一般の人達が思考停止することを狙っています。

このやり方は韓国がレーダー照射問題で誤魔化したのと同じで
言っている事がいくら矛盾しようと
大声で次から次へとゴールを動かし続けて
相手がついてこれなくなったらドヤ顔をして勝利宣言をするやり方です。

本来、ジャーナリズムというのであれば
こうしたことを整理して有権者に伝えるのが仕事のはずですが、
特定アジアのために、日本を革命するために、安倍政権を倒すために、
むしろ視聴者に気がつかれないように重要な都合の悪い情報を隠して
一緒に「怪しい!疑惑はさらに深まった!」と騒ぎ倒してきました。

テレビを見ていると馬鹿になるのは本当にそのとおりだと思います。

テレビを見たり、新聞を読んだりしていても
時系列でものを考えないように
瞬間瞬間だけを切り取ったきわめて恣意的な情報だけで判断を強いるようにしています。

断片的な情報だけで判断すればだれだって間違いますからね。

間違わせるために間違わないようにするための情報を常にトリミングしているのですから、
こんな日本のマスゴミに特権を認めておくことはおかしいですし、
せめて虚偽報道については処罰規定を設けるべきでしょう。

共同通信なんてデマを繰り返していますが
訂正記事は見たことがありません。

黒岩宇洋が桜を見る会の野党合同ヒアリングを30回以上もやったと
国会でアピールしていましたが
30回もやってなんの成果もないのが現実です。

数百回やってきたモリカケの野党合同ヒアリング(いまだにやってる)でも
当然ながら全くなんの成果もありません。

悪魔の証明を素で言い切ってドヤ顔をするような人達に
まともな脳みそなんてありませんよ。

さて、お次は中国の新型肺炎の件。

【「世界的にも高リスク」 新型コロナウイルスでWHO訂正】
 【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は、中国で感染が拡大してる新型コロナウイルスについての26日付の日報で、これまで高くないとしてきた世界的な危険性について、表記が誤っており、正しくは「高リスク」だったと訂正した。

 日報では、25日までは「(リスクが)中国は非常に高い、周辺地域は高い、世界的には中程度」とされていた。しかし、26日付の日報によると、これは「誤った要約」であり、実際には直近で危険性の判定を行った22日以降、一貫して「世界的にも高い」という評価だったという。
(2020/1/28 時事通信)

素直に
「チャイナマネーが美味しかったんですが批判に耐えられないので訂正しました」
って言えばいいのだろうと思います。

中共の圧力で「たいしたことないっすよ」と発表したものの
誤魔化しきれなくなって「あれはちょっと内容についてミスってたわ」ですからね。

お次は昨日取り上げた京都市長選挙の無所属を装っている福山和人の件で続報。

共産党の機関紙である赤旗がカンパ募集をしています。

【新聞広告を使った悪質な攻撃を打ちやぶるために緊急の特別募金にご協力ください】
1月27日 日本共産党中央委員会 日本共産党京都府委員会
 「つなぐ京都2020」の福山候補が猛烈に追い上げ、大接戦のまま最終盤に突入しました。福山陣営の大攻勢に危機感を強めた現職陣営は、26日の京都新聞に「大切な京都に共産党の市長は『NO』」を大見出しにした広告を掲載しました。「読売」、「朝日」にも同様の広告をだしています。市民のくらしをきりすて、京の町壊しをすすめてきた自公市政への批判が強まるもとで、まともな論戦もせず、市民の目を惑わせ自らの悪政を隠そうという底の見えた、民主主義にもとるやり方です。「良識を疑う。ヘイト広告だ」「12年も市長をやっていてこんなことしかできないのか」などの批判が市民から噴出しています。

 「つなぐ京都2020」と京都府委員会は、緊急に募金をお願いして、1千万円を要する反撃の新聞広告の掲載やビラを作成することを決断しました。

 これまで知人への支持の訴えや選挙ボランティアと募金に大きなご支援をいただいておりますが、加えてこの特別募金へのご協力をこころからお願いします。

 募金は次の口座にお願いします。

○日本共産党京都府委員会

 郵便振替 口座番号 01090-6-84306

 加入者名 日本共産党京都府委員会

○「つなぐ京都2020」(福山和人氏の確認団体)

 郵便振替 口座番号 00980-8-283484

 加入者名 つなぐ京都2020

○日本共産党中央委員会も、京都市長選募金を受け付けています。

 郵便振替 口座番号 00170-7-98422

 加入者名 日本共産党中央委員会

 ※どの送金先も通信欄に「京都市長選挙募金」と明記し、氏名、住所、職業の記入をお願いします。
(2020/1/28 赤旗)

「共産党の市長はNO」

共産党の選挙違反を野党合同ヒアリングしたら?_d0044584_09181692.jpg

という広告を知りヘイトだと志位和夫や小池晃などが騒いでいたのですが
これに対する反撃広告を出すので緊急で1000万円の寄付を集めます。
という記事です。

一応、福山和人候補は「つなぐ京都2020」などという団体を立ち上げ
応援に山本太郎の知名度を使うなどして無所属アピールをして
共産党だと気付かない人達の票も釣ろうとしています。

が、このとおり寄付先にもろに
「共産党中央委員会」「共産党京都府委員会」
と入っているのですから、
福山和人候補はどう考えても共産党です。本当にありがとうございました。

だいたい、「安倍政治NO!」なんてプラカードやポスターを
そこかしこで掲げて運動をしておきながら
「共産党はNO」という意見広告をヘイトだと断言するんですから、
いかに共産党というのがダブスタかよくわかると思います。

共産党の選挙違反を野党合同ヒアリングしたら?_d0044584_09183993.jpg

誰でも気がつくダブスタをそこら中で当たり前に振り回す。
こんな共産党を支持する人ってよっぽど頭が悪くないと無理ですよ。

で、この福山和人候補の「つなぐ京都2020」の
公式ツイッターアカウントのツイートにこんなのがありました。

つなぐ京都2020@tsunagukyoto

超朝宣伝やります!!!
明日、1月29日(水)JR二条駅西口で市長候補 福山和人が朝6時から肉声で訴えます。
ツイキャスで同時配信します。   

Twitterで画像を見る

473

Twitter広告の情報とプライバシー

537人がこの話題について話しています

—–
つなぐ京都2020@tsunagukyoto
超朝宣伝やります!!!
明日、1月29日(水)JR二条駅西口で市長候補 福山和人が朝6時から肉声で訴えます。
ツイキャスで同時配信します。
#福山和人 #京都市長選挙  #つなぐ京都2020
—–


共産党と言えば公選法を守らない事で有名ですが、
共産党の別同部隊と化している山本太郎も
彼自身の選挙戦において数々の公選法違反を指摘されていた過去があります。

山本太郎の選挙参謀である斉藤まさし(本名酒井剛)は
「市民は選挙の神様」
というのが売りでしたが、その手法は
「ルールで決められた時間外にも選挙活動をする」
等の公選法違反で有利な状況を作るというものでした。

公選法を守らない選挙戦術が売りの共産党と山本太郎が応援する福山和人候補。

共産党らしく堂々と公選法違反。

京都の皆様、時間外の選挙活動を見つけたら撮影なりして是非通報を。

・・・どうせアカが跋扈する京都市の選管だから無視するのでしょうけど
「共産党の公選法違反を公然と見逃し続けた京都市役所」
という実績がのこりますので通報と拡散を是非お願いします。

【転載】国民の安全より桜を見る会だってさ。


ツイッターで見つけた秀逸なコメントをちょっと加工しまして・・・。

Q:新型コロナウイルスは防げますか?
A:カルロス・ゴーンのサイズが素通りできるのにウイルスなんて小さいサイズが防げるとでも?

沖縄県に管理が移ってずさんな管理になったことが原因で火災になった
首里城の件についての記事。

【原因特定できず 首里城火災 収集資料の損傷激しく 沖縄県警が捜査終結】
 首里城正殿などが全焼した火災で、沖縄県警は29日、「火災原因が特定できなかった」と発表した。発生から約3カ月で捜査が終結。県警捜査一課は「防犯カメラ映像の精査、関係者の事情聴取などの捜査結果から現時点で放火などの犯罪に該当する事実は見当たらない」とし、「火元とみられる正殿北東側から収集した資料からも出火原因の特定には至らなかった」とした。

 県警は火元とみられる正殿北東側から配線などの資料を収集。科学捜査研究所で調べたが激しく燃えた状態で、原因特定に至らなかったという。

 那覇市消防局は昨年11月8日に実施した会見で、火元とみられる正殿北東側の電気配線にショート痕の可能性がある破断が見つかったが、損傷が激しく「原因特定は非常に困難」との見方を示した。
(2020/1/29 沖縄タイムス)

首里城の火災については国から県に管理が移管されたことが原因だと言えます。
その点では玉城デニーはただの無能な共産党と中核派の神輿なのですから
「まともに仕事ができない沖縄県に管理を移管した国の責任だ」
と言えば良いんだと思います。

以下、沖縄県がと美ら島財団のやったこと。

—–
・首里城内の順路を変更、この際に照明を追加。
 照明の電源を家庭用の延長コードでたこ足配線。

・延長コードは観光客が移動する通路にだらしなく剥き出しで養生すらされず。

・延長コードは照明用の電源でブレーカーが落ちても点きっぱなしにする運用だった。
 (これで事故を起こすなという方が無理です)

・火災後に沖縄県と美ら島財団は責任を誤魔化すために虚偽の説明をしていた。
(火災の51分前に見回りしていた →実は行っておらず5時間以上空白があった。など)

・消火のための放水銃の上にイベント用ステージ設置

・イベント用ステージのために放水銃と首里城の間に壁を設置
 (放水銃を使えるようにしても壁が邪魔で消火活動に使えない)

・ノートルダム大聖堂での火災を受けて国が防火体制充実のための勧告を出すもスルー。
—–

どう考えても責任は問題のある管理をしていた沖縄県と美ら島財団にあります。

個人の家庭でUSB充電器とかでコンセントが埋まってるからたこ足しました。
みたいな感覚で家庭用延長コードを使って運用なんて
政策議論できる蓮舫くらいにあり得ない話ですよ。

防火管理について計画書を出すものなんですけどね。
そういう申請についても事実を書いていたとは思えません。

いずれにせよ、沖縄県側に責任があるのは明らかです。
玉城デニー一味は責任を誤魔化すことに必死ですけどね。

お次は米国から。

【低所得者の永住制限施行へ 下級審決定覆す―米最高裁】
【ワシントン時事】米連邦最高裁は27日、低所得者へのグリーンカード(永住権)付与を事実上制限するトランプ政権の政策について、当初案通り施行することを認める決定を下した。合法性の審理中は施行を差し止めるよう命じた下級審の決定を覆した。

 米連邦法は「生活保護者」への永住権付与を認めていない。従来は「生計の大半を恒久的に政府援助に依存する者」と定義されていたが、トランプ政権は昨年8月、制限対象を住宅補助、医療扶助、食料配給などを受ける移民にも拡大する方針を示していた。
 これに対し「貧しい移民希望者を閉め出すものだ」として反対する州政府などが、中止を求め各地で提訴。同年10月15日の施行直前、ニューヨーク州などの連邦地裁が相次いで差し止めの暫定命令を出し、政府が不服を申し立てていた。
 最高裁決定を受け、ホワイトハウスは「新しく米国へ来る者は経済面で自活していなければならないという、連邦法(の精神)が実現可能になった」と歓迎する声明を出した。一方、人権団体の全米市民自由連合(ACLU)は、決定が「とりわけ低所得の家族や障害者に影響を及ぼす」と批判した。
(2020/1/28 時事通信)

これについてはトランプぐっじょぶと言ったところでしょう。

当たり前ですが
「福祉にたかることを前提にやってくる」
という事そのものが規制されるべきなのです。

メルケルがドイツが受け入れると発表した途端に
中東からの移民が欧州の他の国経由でドイツへ入ろうと殺到し、
欧州に大混乱をもたらしました。

中にはシリアなどでは裕福層である人間も少なくありませんでした。
いや、むしろそういう人達のほうが
「現在の収入に加えて社会保障で美味しい生活」
なんてものを目当てにして積極的に移動していたりしたようです。

国境を突破して欧州入りした直後に
iPhoneで欧州侵入成功記念写真を撮ってたりするのが
どこが困窮して止むに止まれず移民してきた層だというのでしょうか。

日本では外国人への生活保護が憲法違反であることは最高裁が認めました。
現在の外国人への生活保護は各自治体が勝手に善意でやっているという解釈にしています。

2010年に生活保護目当ての中国人46人が入国直後に大阪市に生活保護を申請するという事件がありました。

当然、こういう連中に不動産を提供する側も
この生活保護からマージンを得るビジネスモデルなわけです。

そうして国内側に受け入れ業者がいること、
また自治体が外国人への生活保護になんの条件もつけずに支給する事、
担当者側も生活保護ビジネスの環に加担しているかいないかはわかりませんが、
そもそも自活能力の無く、最初から生活保護タダ乗りすることを目的に
大量にやってきて一斉に申請するという流れができあがっていることがおかしいのです。

特に中国人が当人の知らない間に勝手に日本人と婚姻手続きを行って
それを使って日本国籍を得られる状況を作り
その親族であると言い張って大量に入ってくる
という手口も使っている事が10年以上前から指摘されてきましたが、
具体的な対策、特に地方自治体への運用指示なども出たという話は聞きません。

先日触れた背乗りの件での悪用が強く疑われるケースが実在するのですから
スパイ防止の観点からも戸籍についてきちっとチェックするシステムを作った方がいいでしょう。

福島瑞穂や橋下徹の言うような戸籍制度廃止なんてありえません。

お次はいい加減に諦めたら?と言いたくなるニュース。

【立民 合流“今後も不断の努力” 新計画案】
合意に至らなかった国民民主党との合流について、立憲民主党は、「今後も不断の努力を行う」などと明記した新たな活動計画案をまとめ、引き続き合流を目指す姿勢を強調しています。

それによりますと、国民民主党などとの合流について「衆議院の解散総選挙を考えれば、党の理念・政策を堅持しながらより大きなかまえをつくり、国民の期待と信頼を得る必要がある」としています。

そのうえで「国民民主党とは合意に至らなかったが、これまでの交渉を前提としつつ、門戸を閉ざすことなく、今後も不断の努力を行う」と明記し、引き続き合流を目指す姿勢を強調しています。

また、通常国会について「『疑惑国会』の様相を強めており、『桜を見る会』や『カジノ』などを争点に会派の連携を一層強め、安倍政権を追い詰める」としたほか、次の衆議院選挙に向けて、野党間で候補者調整を進め、連携を強化することも盛り込みました。

立憲民主党は、この案をもとに党所属の国会議員や地方組織の意見を聞き、来月の党大会で正式に決定することにしています。
(2020/1/29 NHK)

合流交渉のための会談は一回だけだ。

そんなことを超上から目線で言った枝野幸男は
一回で話がまとまらないため「非公式」という名目で
国民民主党の玉木雄一郎代表を会談を繰り返しました。

あくまでも立憲民主党が国民民主党のお金を吸い上げる事が目的であるため
役員などの体制は今の立憲民主党のまま一方的に吸収されろという要求の一点張り。

これで話が決着するはずがなく、合流交渉が決裂しました。

「俺達の要求100%でなければだめだ。一切譲歩しない。お前らが譲歩しろ」
・・・あれ、文在寅の外交姿勢と同じだ。

おっと、話がそれかかりました。
あくまでも国民民主党が持っている80億という
民主党時代からため込んでいた政党助成金を吸い上げる事が目的なので
交渉決裂で諦めるはずがありませんでした。

交渉ってのは相手のメンツも考えて行う物なんですけどね。
自分達の要求を100%飲め、それ以外は認めないなんて交渉と言いません。

まともに仕事ができないのが民主党ですから
このアホなオチも必然だったかもしれませんが。

合流交渉は一回だけだ。これでダメなら認めないとか言っていたのに
合流交渉を続けるなんて・・・。
合流が決定される事を前提に国会の控え室の壁を撤去しているあたりも笑えます。
仕事ができない人って段取りとか仕事の順番がおかしいのですよね。
というわけで仕事ができない人のパターンとして記憶しておいてもいいかもしれません。

昨日はそんな仕事ができない人達の集団である立憲民主党から
村田蓮舫や徳永えり、石垣のりこらが国会の質問に立ちました。

政府がチャーターした飛行機による武漢からの退避者第一陣が
ちょうど到着しているタイミングなので
新型コロナウイルスの件をやればいいのにと思っていましたが、
桜を見る会ばかりで全く国の役に立たない事だけははっきりしたと思います。

特に石垣のりこに至っては

—–
本来であれば新型肺炎ウイルスの件、自衛隊の中東派遣など、わが国に住む人々の生命と財産に直結する問題を質疑したいところだが政権の堕落の象徴ともいえる桜を見る会を主に質疑する」(直後、野党議員連中が拍手で賛同する)
—–

普通、
「桜を見る会を追及したいところだが緊急性が高いので新型肺炎ウイルスの件で質問をさせていただきたい」
とか言うべきだと思うのですけどね。
まさか
「国民の命に関わることなんかよりも桜を見る会だ」
を堂々と国会で言ってしまうあたり、
深刻なレベルで頭が足りないと思います。

宮城県はこんなのを国会に送り込んでるんですから
国民の生活とか命とか災害復興とかはどうでもいい
という人が多いってことでしょうね。

安住淳も地元の石巻が台風で被災しているのに
「そんなことより政権を揺さぶるチャンスだ!全面審議拒否だ!」
って判断をしてましたし。

・・・みなさん、選挙をサボると
テレビで見たから、ラジオで知ってるからとかそういう投票をする
テレビ情弱層や反日組織票が有利になってしまいます。
何があっても投票に行きましょう。

ちなみに「国民の生活や命よりも国会審議を妨害する事が大切」
と桜を見る会の質問一色だった村田蓮舫の質疑の時に
世耕議員が行ったツイートに対して立憲民主党がいつもの火病を起こしています。

【世耕氏、蓮舫氏を批判ツイート 自民幹部「軽率」】
 自民党の世耕弘成参院幹事長は29日、参院予算委員会の質疑中に立憲民主党の蓮舫氏の質問内容についてツイッターで疑問を呈した。立憲側は反発し、蓮舫氏は訂正のツイートを要求。世耕氏に対しては自民内からも批判が出ている。

 世耕氏は同日午前、自身のツイッターに「今、幹事長室で予算委を(テレビで)見ています」「野党の質問が始まって40分経過したが、総理や厚労大臣等、新型コロナウイルスに対応している責任者が列席している」と投稿。その上で「このシチュエーションで感染症について質問をしない感覚に驚いています」と書き込んだ。

 蓮舫氏は予算委で首相主催の「桜を見る会」をめぐり、安倍晋三首相に質問し、コロナウイルス問題には触れなかった。

 立憲側は「感染症については蓮舫氏の次の委員が質問している」(幹部)と反発。参院自民の末松信介国会対策委員長が「誤解を招いたなら遺憾だ」と立憲側に釈明したが、蓮舫氏は「(会派内で)質問が重ならないように聞いている。反省しているなら、ツイートで訂正してもらいたい」と自民側に求めた。

 議員の質問権は憲法に定められた権利で、予算委では国政に関するテーマであれば何を質問するかは自由だ。自民の参院幹部も「委員会中に野党の質問に干渉するようなツイートは軽率だ」と批判した。(鬼原民幸)
(2020/1/29 朝日新聞)


国民の安全より桜を見る会だってさ。_d0044584_13300589.jpg

国籍不明のあいつ:「桜!とにかく桜を見る会!」
  ↓
世耕:「この状況で新型コロナウイルスの質問しないの?驚き」
  ↓
立民:「世耕がツイッターで批判しやがった!絶対に許すな!」
  ↓
最も写真集が売れなかったクラリオンガール:「大問題だ!ツイッターで反省と訂正をしろ!」

そりゃ予算委員会の質問は自由ですよ。
でも新型コロナウイルスで世界が大騒ぎになっている最中に
「そんなことより桜を見る会だ!」
って言ってまで桜を見る会に質問時間を多く割き、
あげくに火病を起こして批判的意見を弾圧するのですから
立憲民主党ってのは頭が異常な人達の集まりだと思います。

こういう連中が「人権擁護法案を通せ」って言ってきたんですよ。
どう考えても「自分達に都合の悪い意見を弾圧するため」
というのが目的ですよね。

だいたい自分がした質問にケチをつけられたというだけで「謝罪しろ!訂正しろ!反省していることを示せ!」って村田蓮舫本人が自民に要求したことを自分で記者に語っているって普通の日本人の感覚じゃキ○ガイ扱いでしょう。
「ああ、外野がどう言おうとこちらはこちらの仕事をするだけですから」こう言っておけばいいだけなんですから。
わざわざ攻撃して相手が全面的に謝罪するまで許さないとか異常ですよ。
「桜を見る会」しか質問しない、質問できないことの愚かさを自分達で理解しているので図星だったのかもしれませんが。
で、新型コロナウイルスについてですが
以下日経の記事から。

【習氏、緊急事態宣言回避に期待 WHO事務局長と会談】
(2020/1/28 日経新聞)

「緊急宣言回避に期待」
習近平は中国が震源となって世界に迷惑をかけた
という事がはっきりとした形で残るのは困ると、
メンツの方が重要だと考えている事がうかがえる記事です。

こんな状態ですから被害が広がるのは当然ですし、
感染者数についても少なめに発表していると考えた方がよいでしょう。

そしてそんな中国共産党の影響をもろに受けていることが
今回のWHOの当初の「たいしたことないっすよ」発表に繋がったのでしょう。
習近平としては改めてWHOに圧力をかけて締め付け直したというところでしょう。

「WHOがこう言っているから」
という事を根拠にして責任回避をしたいというのが霞ヶ関のお役人の考えかもしれませんが。
WHOがあてにならない状態であると見なすべきで
日本もWHOよりも先回りをしてもっと強い規制をかけるべきです。


【パチ倒】さらっと爆弾を投げ込む総理


pachitou.comの方ですが
日付+日本語のURLだと貼り付けるときに長ったらしくなり
わかりづらいのでURL表示だったので
URLの表示方法を変更しました。

検索エンジンではちょっとの間日本語URLの方でヒットしてしまうので
少しの間検索エンジンでひっかかるURLをクリックしても404になるかと思います。
基本的にこれまでのpachitou.comの記事のURLは頭が日付ですので
ブログからそのURLにある日付をクリックしないと出てこないかもしれません。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。

まずは森ゆうこと共に質問通告遅れを
官僚への異常なパワハラで誤魔化した原口一博の記事から。

【国民・原口国対委員長、安倍政権「ファシストだ」】
 国民民主党の原口一博国対委員長は28日、旧民進系などでつくる野党統一会派の会合で、安倍晋三政権について「私たちは普通の政権と戦っているわけではない。これまでの歴代自民党内閣と全く異質のものと戦っている。それはファシストだ」と述べた。

 「(安倍政権は)自分を守るためなら、あらゆるものを犠牲にする。法律も予算も制度も国会もないがしろにする」とも指摘した。
(2020/1/28 産経新聞)

以前書いたように
かつて石原慎太郎が都知事選に出馬したときに
石原慎太郎の当選を防ぐという事を
美濃部亮吉が都知事三期目立候補の理由にした事があります。

そのときは「石原のファシズムを阻止する」でした。

早い話が反日売国の政治家やその支持基盤となっている連中にとって
自分達の気に入らないものを根拠なく「ファシスト」だの「ファシズム」だの
とレッテル貼りするのは40年以上前から使われていた手口だったりするのです。

さらにほじくり返せばコミンテルンが
自分達の社会主義的な立場にとって都合の悪い相手や勢力を批判するための
レッテル貼りにファシズムという言葉を便利な道具として使ってきました。

過去の歴史的背景から、日本では反日議員どもが
自分達に都合の悪い相手に対しても安易に使ってきたと言っていいでしょう。

そして立憲民主党の石垣のりこ(宮城県選挙区)
に至っては一度も会ったことすらない高橋洋一氏に
一方的に「ファシスト、レイシスト」とレッテル貼りを行い、
ファシスト、レイシストと決めつけた根拠も提示せず
高橋洋一氏の反論も無視、
それどころか高橋洋一氏をファシスト、レイシストであるとして
さらにツイートを重ねていました。

さらっと爆弾を投げ込む総理_d0044584_09311198.png

石垣のりこは立憲民主党の党の方針で有る
「消費税は5%、あるいは福祉目的なら容認」
という政策をガン無視して消費税0%を連呼して当選した人物で
自分の発言に全く任も持たない言いっぱなしなところなど、
政治家として中身がない事など村田蓮舫そっくりだと言っていいでしょう。

かつてナンシー関は村田蓮舫を「社会派バカ」と評しましたが、
その村田蓮舫の後継者にふさわしい人物と言えます。

ナンシー関さんが村田蓮舫の正体を
1992年にビシッと見抜いていた事を考えると
その慧眼ぶりには驚かされます。

原口一博に戻りましょう。

結局の所、原口一博というファシズムに憧れる社会主義者どもは
俺たちが権力を握ったらそのように使う、あるいは使いたい
というゆがんだ感情があるように思います。

実際に総務大臣になった原口一博は
総務省の顧問という名目でお友達約30人を特別雇用させたり、
事務次官を前政権で事務次官になったヤツだからと半年で更迭したり、
自身がツイッターに夢中になってて国会を遅刻した事を誤魔化すために官僚達を更迭したり、
大臣としての権力を悪用しました。

ファシズムという言葉を
コミンテルンがレッテル貼りに使っていながら、
ソ連がその独裁的な権力態勢を構築していた事を考えれば、
「反国家的で権力に憧れる人達が自分達に都合の悪い人達にレッテル貼りを行うために使う言葉」
というのがファシズムだのファシストだのという事なのかもしれません。

そういう視点から見ると原口一博や石垣のりこや日本共産党などが
安易にレッテル貼りの道具としてファシズムという言葉を使っているのは
その歴史的経緯から見て
ファシズムという言葉を安易に使う人達がどういう人達であるかを示すものである
と見てもいいかもしれません。

さて、お次はゴーンの逃亡幇助の疑いが極めて濃厚な
弘中惇一郞弁護士のニュース。

【弘中弁護士「鍵ぶっ壊して…】事務所捜索を
(2020/1/29 NNN)

【ゴーン被告と逃亡手助けの米国人、弘中弁護士事務所で面会か 特捜部が面会簿押収】
(2020/1/30 毎日新聞)

ゴーンが逃亡のための連絡を取り合っていたと思われるパソコンについて
弘中惇一郞弁護士は検察への提出を拒否しています。

それが弘中弁護士事務所の家宅捜索へとつながったわけですが、
少なくとも現時点でも確実な事をいくつか並べれば

—–
・弘中惇一郞がゴーンの保釈をさせた。

・弘中惇一郞がゴーンのパスポート返還手続きを行いパスポートをゴーンに所持させていた。

・弘中惇一郞が自分の事務所の指定のパソコンを使わせるという事でネット利用も容認させていた。

・弘中惇一郞が日産がゴーンの監視に付けていた警備を排除するために警備会社相手に訴訟を起こしていた。
(警備会社がこの訴訟によって警備を解除した途端にゴーンが逃亡している)
—–

弘中惇一郞に悪意があったか否かは全く無視しても
ゴーンの逃亡は弘中惇一郞なくしてありえなかったと言っていいと思います。

当然ながら足輪を認めなかったり、逃亡の危険性を指摘されても
保釈を認めた東京地裁の島田一裁判官は強く批判されなければなりません。

昨年4月に押収した証拠からゴーンがキャロル夫人や
逃亡を手伝った関係者らとゴーンに有利な証言をするよう依頼をかけたり、
証拠隠滅の指示を出していたことなどを東京地検特捜部が確認。
東京地裁は証拠隠滅の事実を認めながらもなお裁量で保釈を許可したのです。

証拠隠滅をはかっていた事実を認めながら
それでも保釈を認めてまんまと逃亡されたのですから、
これで東京地裁が批判されない方がおかしいと思います。

なんでもかんでも手続きをとれば原則保釈許可みたいなのが
この数年の流れという指摘もあります。

先日の新幹線での殺人犯について
過去の判例通り殺したのが3人未満だからと無期懲役にして
狙い通りに死刑を回避した事で
被告人が法廷で万歳三唱をしていた胸くそ案件がありましたし、
逃亡の危険を認めながらも原則保釈許可でまんまと犯人に逃亡された事例が
ゴーン以外でも発生しているわけですし、
最初から結論が決まっているのなら下級審の裁判官は全員解雇して
過去の判例から類似の例を探させて
過去の判例と同じ判決を言うだけのAIに入れ替えた方が良いと思います。

わざわざ特権を認めて裁判官を守っていても
裁判官が完全に思考停止して原則保釈許可とか
どれほど悪質であっても過去の判例にしたがって1人殺したくらいなら
良くて無期懲役にしかならないとかなのですから、
税金の無駄を防ぐためにも裁判官を解雇してAIに置き換えるべきでしょう。

さて、昨日のコメントにありましたが、
今回の新型肺炎についての安倍総理の対応についてです。

全国旅行業協会会長の二階が幹事長で派閥も第三派閥をうかがう位置にいます。
そこに国交省(観光庁は国交省の下)を押さえている公明党。
公明党が中国共産党の機嫌を損ねるような判断はまずやりたがらないでしょう。

そういう事情があるなかでチャーター機を用意して
素早く日本人を運んだことは評価すべきだと思います。

現行法と安倍総理を取り巻く環境の中でやれる最大限の事をやったと思いますよ、正直。

これ以上となると超法規的な行動を取るか、
国会で急いで対策法を通さねばなりません。

前者であれば間違いなくマスゴミと反日勢力(自民党内の反日議員もこれに乗るでしょう)が
安倍総理を引きずり下ろす理由に使う事は間違いないでしょう。

後者であれば野党は
「総理を辞任するのなら応じてやる」
など何かしら条件を付けてくるでしょう。
しかもこれで政権側が譲歩しても
反日野党が我が約束を守る保証がありません。

過去にも審議に応じる代わりにこれこれの法案を通してくれ
みたいなバーター取引を国対委員長通しでやっては
与党が譲歩した途端に反日野党側が約束を反故にするということをやってきましたからね。

そうした事を考えれば安倍総理は総理が可能な選択肢の中でやれることをやっていると思います。
ただ、それでもブログ主は感染症対策に中国人の移動を規制する特措法を
国会に出すべきだと思います。

そして共産党や立憲民主党など中国共産党に阿る連中が
中国共産党様の機嫌を損ねないためになんだかんだ理由を付けて
特措法の採決を先送りさせようとするとブログ主は考えています。

ですので踏み絵を踏ませるためにもブログ主は特措法を国会へ出せと言いたいです。

今回の新型肺炎は安倍を倒すチャンスだと思ってか
原口一博がやたら元気でこんなツイートまでしています。

原口 一博@kharaguchi

危機管理こそ国会議員の最重要の責務です。民主党政権時代に新型インフルエンザ特措法を作成し新型感染症にも対応できる仕組みをつくりました。今回は、それを使わず感染症予防法の指定感染症の仕組みを使ったと思われます。法適応の基となる安倍内閣の新型肺炎に対する認識が甘過ぎると思います。

Twitterで画像を見る

245

Twitter広告の情報とプライバシー

231人がこの話題について話しています

原口 一博@kharaguchi
危機管理こそ国会議員の最重要の責務です。民主党政権時代に新型インフルエンザ特措法を作成し新型感染症にも対応できる仕組みをつくりました。今回は、それを使わず感染症予防法の指定感染症の仕組みを使ったと思われます。法適応の基となる安倍内閣の新型肺炎に対する認識が甘過ぎると思います。

民主党政権の時に作った法律を使わない事を批判しているようですが、

民主党政権の時に作られたこの
新型インフルエンザ等対策特別措置法
はいかにも民主党政権らしく
総理大臣は緊急事態を宣言することができ、
<都道府県知事は住民に対し外出の自粛を要請できる>
とあるのですが、
<国民の自由と権利の制限は必要最小限のものでなければならない>
との制限もついています。

総理が緊急事態を宣言するのに重要な外出自粛については都道府県知事権限。
しかも「要請できる」にとどめ、
さらにはその移動制限についても最小限のものでなければならない。
と、実質使い物にならない内容ととなっています。

おまけにこの法律は「緊急事態宣言」を内閣総理大臣が行って
緊急事態としての態勢を取ることができる
・・・ように見えるような立て付けになっています。

このため、2012年3月に日弁連がこの特措法への反対声明を出していました。
早い話がこの法律を今回利用しようとしても実効性が担保できず、
かつ日弁連などが再び抵抗してくる可能性があるのです。

そうなると法案を成立させた民主党政権の残党である
立憲民主党の連中自身が日弁連を忖度して
反対に回る可能性も大いにあるのです。

そんなあてにならない特措法を頼るのであれば、
実績のある指定感染症の仕組みを使うという判断は正しいと思います。

そして安倍総理は今回の機会を逃さず

【感染拡大受け台湾のWHO参加必要と首相】
 安倍首相は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、台湾の世界保健機関(WHO)参加の必要性を強調した。中国を念頭に「政治的な立場で排除しては、地域全体を含めた健康維持、感染の防止は難しい」と述べた。
(2020/1/30 共同通信)

さらっと爆弾を投げ込んでいます。

これまで中国共産党の圧力により台湾はずっとWHOから排除されてきました。
このためSARSなどのときも台湾には最新情報が入らないという状態になっていました。
今回の新型肺炎でも同様の状態となっています。

中国共産党が感染症対策より俺たちのメンツだと
日本に対してなんらかの制裁をとろうものなら
二階らの仕掛けた習近平国賓受け入れという話は消えるでしょうし、
中国共産党が容認するのなら台湾のWHO入りということになって
中国共産党の覇権主義に対する牽制になります。

日本のマスゴミが総理を批判させようと煽ろうものなら
中国共産党による台湾イジメがクローズアップされることになるので
騒ぎにくいでしょう。

この件は高く評価したいと思います。

【パチ倒】反省しないと同じ失敗をするんだよね


政府のチャーター機利用者に8万円請求という件で
安倍批判一辺倒になってしまったとある人が批判をしていました。

三橋貴明@TK_Mitsuhashi

ということは、カネがない人は帰国できないのでしょうか。もはや「頭がおかしい政府」といった過激な表現しか思いつきません、日本政府。

【チャーター機利用者に8万円請求 政府】https://www.jiji.com/jc/article?k=2020012801217&g=pol …

チャーター機利用者に8万円請求 政府:時事ドットコム

政府は新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中国湖北省から、政府のチャーター機で帰国する在留邦人に対し、片道分の正規のエコノミー料金を請求する方針だ。外務省によると、1人当たりの負担は約8万円(税別)になる見通し。

jiji.com

4,261

Twitter広告の情報とプライバシー

2,682人がこの話題について話しています

—–
三橋貴明 @TK_Mitsuhashi
ということは、カネがない人は帰国できないのでしょうか。もはや「頭がおかしい政府」といった過激な表現しか思いつきません、日本政府。

【チャーター機利用者に8万円請求 政府】
—–

別に今回だけ徴収しているわけでもないですし、
きっと税金で全額補填したら
「買収だ!」
とマスゴミとか反日野党連合とか反アベな人達が一斉に騒ぐでしょう。

仕事で武漢に行っていたような人なら会社が負担するところでしょう。
遊びで行っていたのなら8万円くらい出したら?
その金額で閉じ込められた武漢から脱出できたんだから安いくらいでは?
と、ブログ主は考えてしまいます。

チャーターしたり等々の全体の費用の大部分を政府が負担しているんですから
このくらいでギャーギャー言うのはちょっとどうなのよと思います。

結果、ゴネ得で8万円のところも国負担になるようですが・・・。
なんでもかんでもタダじゃないと気が済まない連中は
自分が受けているサービスを当然とおもっていて
そこにどれだけの人の手とお金がかかっているかは考えないんですよね。

そういやプロ人質として生活してきた安田純平氏は
2004年の解放時も日本政府に感謝の一言もないどころか
帰国費用支払い拒否をしていたんですよね。
その後も繰り返しプロ人質として捕まるたびに
日本政府は対応に動き、ヨルダン政府など協力を仰ぎ、税金を使わせられてきました。

で、直近のものでも政府に助けて輸送までしてもらったのに
「身代金を払うなと暗号を送っていた」
だの政府批判全開。

プロ人質だけあって安田純平が日本政府に迷惑をかけたのは
一度や二度ではないのですし、本人は反省するどころか
さらに日本政府批判を展開して訴訟まで起こす始末です。

むしろ永遠に旅券発給拒否か
あるいは次に海外へ出たら日本への入国を拒否して
戻ってこられないようにしてもらいたいです。
たしか韓国籍なんですよね?(棒読み)

武漢からの脱出用チャーター機関連の話題で以下。

【武漢へのチャーター機運航時間が変更 今晩出発か=韓国】
【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・湖北省武漢市に滞在する韓国人を帰国させるために韓国政府が派遣するチャーター機の出発がややずれ込み、30日夜になる見通しだ。また、予定していた2機ではなく、1機に減る可能性もある。

 政府は30、31の両日にチャーター機2機ずつを武漢に派遣し、約700人の韓国人を退避させる計画だった。

 これに関し韓国外交部当局者は30日、日程に変更が生じたと明らかにしながら、「変更後のスケジュール通りに国民ができるだけ早期に帰国できるよう、中国政府と協議している」と説明した。午前10時と正午に韓国の仁川空港から各1機のチャーター機を派遣予定だったが、この当局者は「今晩出発する可能性が高い」と述べた。

 また、政府はチャーター機を2機ではなく、1機に減らす方向で計画を見直しているようだ。座席の間隔を取らずに詰めて座れば、1機で問題ないと判断したとされる。
(2020/1/30 聯合ニュース)

2機で輸送するところを「詰めて座れば一機で足りると判断した」と思われる。

・・・なんで韓国の航空会社がしょっちゅう事故ってるか少しわかった気がします。

一方、台湾の方はというと。

【台湾のチャーター機派遣、中国から回答なし 蔡総統、働きかけ継続を表明】
(台北中央社)新型コロナウイルスへの感染が広がっている中国湖北省武漢市から台湾人を帰国させるチャーター機の派遣について、台湾は中国当局からいまだに回答を得られていない。蔡英文総統は30日午後に発表した談話で「国民を迎えに行きたい」と述べ、現地に残る台湾人の帰国に向けて中国側への働きかけを継続していく方針を示した。

ウイルスの感染拡大で移動手段が厳しく制限され、事実上の「封鎖」となった武漢には100人以上の台湾人が取り残されているとみられる。台湾は27日、中国の対台湾窓口機関、海峡両岸関係協会に台湾人を帰国させるためのチャーター機の派遣に関する書簡を送っていた。

蔡総統は、現地に滞在している台湾人が適切な援助を得られることを願うと言及。台湾の対中窓口機関、海峡交流基金会を通じて台湾企業の組織と連絡を取り続けていると説明し、生活や医療上のサポートも提供しているとした。現地の台湾人を帰国させるため、あらゆるルートを通じて中国側と引き続き意思疎通を図っていく方針で、感染防止を優先に帰国者の受け入れ態勢を万全に整える姿勢も示した。

中国がチャーター機受け入れの許可を台湾に出していないことについて、米共和党のマルコ・ルビオ上院議員は29日、ツイッターで関連の報道を引用し、「言語道断だ」と批判した。
(2020/1/30 フォーカス台湾)

中国共産党の台湾イジメはやはり行われていて
台湾のチャーター機については一切無視が続いているようです。

中国共産党って「一つの中国」とか言って台湾を自国の一つだと言い張るわりに
こうやってあらゆる場面で台湾イジメを行うんですよね。

こうした器の小ささが中国共産党です。

中国共産党は一つの国とか言っている割に
「自国民を守る気はない」
ってことですよねー。

こういう中共に目先のはした金などで国を売るアホ議員、
アホ評論家、アホテレビ局や朝日新聞、共同通信なんてのが跋扈しているのが日本です。

お次は国会で予算委員長に対する暴言が止まらない立憲民主党のニュース。

【野党 衆院予算委 棚橋委員長の公平運営を要請】
衆議院予算委員会の棚橋委員長について、野党側は議事進行が与党寄りで公正さを欠いているとして、自民党に対し公平な運営を働きかけるよう要請しました。

衆議院予算委員会の運営をめぐり、野党側は、安倍総理大臣に野党議員が答弁を求めた質問で、自民党の棚橋委員長がほかの閣僚に答えさせるなど、議事進行が与党寄りで公正さを欠いているとして改善を求めています。

立憲民主党の安住国会対策委員長は29日、自民党の森山国会対策委員長と会談し、自民党として棚橋委員長に公平な運営を働きかけるよう要請し、森山氏は「棚橋委員長に伝えたい」と述べました。

会談の後、安住氏は記者団に対し「そもそもなぜ、このような人を委員長にしているのか。国会の質疑をぶち壊すような態度だ。野党も充実した質疑を望んでいるので、こそくで悪質な委員会運営はやめてほしい」と述べました。

一方、森山氏は「予算委員会の審議をどうスムーズに進めるかは極めて大事な課題だと思っており、与党としても努力したい。棚橋委員長は厳正・中立で真摯(しんし)に委員会を運営していると思うが、よく話をしてみたい」と述べました。

棚橋委員長 枝野代表の発言に「強い憤り」
衆議院予算委員会の棚橋委員長は、野党側が議事進行の改善を求めていることを受けて、今後も公平な運営に努める考えを示す一方、立憲民主党の枝野代表が「安倍総理大臣のポチなのか」などと批判したことについては「強い憤りを覚える」と述べました。

衆議院予算委員会の自民党の棚橋委員長は記者団に対し、野党側が議事進行が与党寄りだとして改善を求めていることについて「指摘をきちんと受け止め、これからも公平・公正にやっていきたい」と述べ、今後も公平な運営に努める考えを示しました。

一方で、立憲民主党の枝野代表が「安倍総理大臣のポチなのか」などと批判したことについては「人を人として扱わない発言で、大変強い憤りを覚えている」と述べました。

これに先立って開かれた衆議院予算委員会の理事懇談会で与党側は、枝野代表の発言について「不適切なことばだ。撤回して謝罪すべきだ」と求めました。

これに対し、野党側は「党の会合での発言であり、枝野代表に直接言ってもらいたい」などと述べました。
(2020/1/29 NHK)


まずブログ主として国家機密を明らかにしたいと思います。

・立憲民主党議員はバカである。

・・・え?知ってた?そうですかー。

立憲民主党の議員は民主党の頃から無能だったわけですが、
国民民主党との分裂、つまり希望の党への合流のときに内ゲバで分裂した件で
旧社会党からスライドしていただけの民主党の党職員も股割きになったわけです。

元々学生運動世代、活動家どもが党職員の中心だったわけですが、
それが分裂によってさらに能力低下。
おまけに自分達より優秀な後輩がいたら排除するのはアカのいつもの伝統。

それがためにただでさえ頭が悪い革命活動家どもなのに
それが分裂でブレーンストーンミングもできなくなったのが
立憲民主党のブレーンだと言っていいでしょう。

民主党が社会党の頃から引き継いだ伝統に「勉強しない」というものがあります。

ただでさえ勉強しない所属議員。
そんな連中のブレーンとなっていた党職員の分断による能力低下。

要するに、バカがよりバカになり続けているという極めて深刻な問題があるわけです。

また、テレビのことしか考えていないので
テレビを意識してなんでもかんでも総理にしか質問しないのです。

どの省庁の所管する業務であるか・・・その重箱の隅をつつくような質問なら
なおさら総理より担当している大臣や担当官僚に答弁させるのは当たり前でしょう。

ところが立憲民主党の所属議員は「総理」以外の言葉を知らないらしく
なんでもかんでもどんな質問でも片っ端から総理に答弁しろと求めます。

他の担当者の答えるべき質問を
片っ端から総理を指名して答えさせようとし続け、
委員長が担当者が来ているから担当者に答弁をさせたら
「不公平だ!」
と立憲民主党の議員達がごねているわけです。

立憲民主党の議員達というのはさっき書いたように
民主党時代のブレーンとなっていた党職員が股割きになり、
能力が低下してしまい、元々政策議論ができなかったものが
さらに全くできなくなっています。

なのでテレビを意識して
「総理が答えられない質問を総理にぶつけてドヤ顔をする」
という彼らが20年以上やってきた原点に戻って
総理ではなく専任の担当官が答えるべき質問などを
繰り返し繰り返し総理に質問してはテレビカメラを意識してドヤ顔をするのです。

だから総理以外が答弁するのが適切な質問であっても
総理以外を指名する途端に立憲民主党の連中はゴネて
しょっちゅう審議が止まるのです。

挙げ句に枝野幸男とかいう革マル派の手下は
棚橋委員長を総理の犬だとして「ポチ」などと露骨に侮辱しています。

自民党の議員だったら「失言」でマスゴミが袋叩きにしているところですが、
枝野幸男のこうした暴言はそのまま見逃されています

この失言に対して自民党側が抗議したら

—–
【枝野代表、また棚橋委員長を挑発「カエルなら良かったのか」】
 立憲民主党の枝野幸男代表は31日の記者会見で、棚橋泰文衆院予算委員長(自民党)の議事運営の姿勢を重ねて批判した。28日に「首相のポチ」と揶揄(やゆ)したのに続き、今度は「カエルなら良かったのか」と挑発した。棚橋氏が過去に旧民主党を両生類に例えて批判したことを意識し、「意趣返し」したとみられる。

 枝野氏は28日の党会合で、棚橋氏の衆院予算委の議事進行を「与党寄りの運営」と指摘した上で、「また入閣したいということで、安倍晋三首相に尻尾を振っているポチなのか」と語り、委員会運営の姿勢を改めるよう求めていた。

 「ポチ」発言に対し、棚橋氏は「人を人とも思わぬ侮辱に憤りを感じる」と猛反発。自民も立民に対し、撤回と謝罪を求めていた。
(2020/1/31 産経新聞)
—–

産経も「挑発した」って言葉で済ませてますが、
自分の失言を謝罪も訂正もしたくないので逆ギレして
「カエルならよかったのか」
とさらに失言を重ねています。

自分達が悪い事がわかっていても絶対に謝らないのは
かつての学生運動やってたバカ連中と同じで
地頭の悪い人達の集まりなので「オレの方が上位だ」
ということを異常に重視するんです。

ところが地頭が悪いものだから
自分の方が上位であるという事を揺るがせないために
決して謝らない、決してミスを認めない、大声で怒鳴りつけるなどして相手がひるめばオレの勝ち。
みたいなのでヒエラルキーが決まるんですよ。

何度か繰り返し取り上げていますが、
東大全共闘がまさにそれで
自分達の方が上であると見せたい、虚勢が大事なので
彼らの言うディベートとやらが
「単に相手が言いよどめばオレの勝ち」
という極めて程度の低いものだったわけです。

一度でも自分の方が間違っていたと認めたら
ヒエラルキーの下位になってしまうんです。

・・・お隣の半島の文化と極めて近いものがあります。

だから民主党系の連中は決して謝りません。

枝野だけではありません。

黒岩宇洋が久兵衛の寿司だと断言してデマを流布しておきながら
すぐに間違っていたことが明らかになっても訂正謝罪せず、
それどころか1月27日の予算委員会で総理にデマだった事実を指摘されたら
—–
「私は断言していない!文字起こしをしてもらってかまわない!そんなことは一言も言っていない。ニューオータニはニューオータニで出す寿司は全て久兵衛だと認めています。総理の疑惑という大きな問題を議論する。臨時国会でも一ヶ月この話題だった。骨太な話をしているというのにね、総理、小さな事にムキになってねぇ、総理、(以下略」
—–
と、さらに嘘を重ねた上で自分のデマの流布を小さなどうでもいい事だと誤魔化しています。

黒岩宇洋座長 久兵衛寿司デマ

昨年11月12日の黒岩宇洋の野党合同ヒアリングでの発言。
—–
「様々な証言から、前日には後援会の方達が都内の一流ホテルに集まり、そして会費5000円で、それ以上のですね、写真で見るからには、寿司屋の久兵衛のですね、お寿司が出たりとか、とても5000円では賄い切れない、もう、一皿で5000円の世界ですからね、こういった事が行われている…」
—–

というわけで短くまとめます。

令和元年11月11日野党合同ヒアリング
黒岩宇洋「写真で見るからには久兵衛のお寿司が出た」

令和2年1月27日予算委員会
黒岩宇洋「私は断言してどこどこのが出たとは一言も言ってません。文字起こししてもらってかまわない!」

さて、先日(1月27日)の当ブログの記事で
国民民主党の議員総会で立憲民主党への合流を求める決議案が出た件で
裏にいるのは小沢一郎でこの玉木引きずり下ろしにつながる
立憲民主党への合流強行への動きについて書きました。

小沢一郎に党を乗っ取られたくない旧同盟系労組側の反撃で失敗。
ついでに原口一博はいつもの手のひら返しで裏切ったんですよという話ですが、
新潮がこんな記事を出してきました。

—–
【“玉木雄一郎引きずり下ろし計画” 合流話の裏で謀略を企てたのは小沢一郎か】
離婚した夫婦が元のサヤに戻るだけの話なのに――。

 さる国民民主党幹部は、立憲民主党との合流が進まない現状をそう憂えたというが、別れた二人の復縁が難しいのは世の習い。

 通常国会が開会した今月20日、国民は両院議員総会を開催。早期合流について決を採ったものの、慎重派が推進派を上回り“立国”の復縁はまた遠のいた。

 立民サイドは合流協議を一旦打ち切る構えというが、

「国民の中の推進賛成派は年明け以降、党内の慎重派の事務所を個別に訪ね、推進派に寝返らせようとしてきたんです。ところが、終盤に参院を中心とする慎重派が巻き返し、20日の両院総会では、早期合流の賛成が19に対し、反対は28だった」(野党担当記者)

合流話の裏では、こんな血なまぐさいシナリオも。

「実は、20日の総会で、玉木雄一郎さんを代表の座から引きずり下ろすという計画もあった」(国民関係者)

 謀略を企てたのは、

「昨年初めに国民に合流した小沢一郎さんですよ。小沢さんは、立民の安住淳国対委員長と水面下で通じ、20日の議員総会で推進派が大勢を占めれば、合流に背を向ける玉木さんを代表から引きずり下ろして、後任に原口一博・元総務相を据える算段を講じていた」

 結果的にクーデターは未遂に終わったが、

「合流話が進まないのは、玉木さんが慎重派の保守系議員にまで気を使い“みんなで合流”にこだわりすぎるから。小沢さんは保守系議員なんてさっさと切ればいいと考えていて、新年会でも、小沢邸の一室を記者立入禁止にして、近しい議員たちと謀議していた。一方の立民もいよいよ懐事情が苦しく、国民の財布が欲しい。その辺りで小沢・安住両氏の利害が一致して、玉木降ろしが企てられたのでしょう」

 無益な駆け引きはまだまだ続く。

「週刊新潮」2020年1月30日号 掲載
—–

うん、知ってた。

小沢一郎は細川内閣以降、基本的に失敗ばかりなんです。

それは何かと言えば「神輿は担ぎ手の能力以上のものは担げない」のに
常に裏にこそこそと隠れて批判されるのは他の人間という形を取ろうとするからです。

だから自分が動かせる駒はレベルの低いのしか残らないし、
原口一博に3度も裏切られるんですよ。

一度目は2010年に菅直人から実権を奪い返そうとしたとき
二度目は2011年に菅直人不信任決議案で実権を奪い返そうとしたとき
三度目は今回。決議案に署名したのが21人でなぜか決議案に賛成したのが19人。
・・・あれ、もう1人裏切ってんじゃん。

津村啓介がわざわざSNSで決議案を出して
党内政局にすることをあらかじめアピールしていたのですから
小沢一郎や立憲民主党と距離を取りたがっている一部の旧同盟系労組が
巻き返しに動かないはずがないんです。

かつて加藤の乱というのがありました。

森内閣を倒閣して権力を握ろうと
小沢一郎、加藤紘一、山崎拓らがおこしたものです。

内閣不信任を成立させて再び権力を牛耳ろうと
自由党党首だった小沢一郎は当時の民主党代表だった鳩山由紀夫に
金曜に不信任案を提出するように要求。

ところが鳩山由紀夫はこれを渋り、週明けの月曜に内閣不信任決議案を提出。

結果、土日に加藤派の多くが野中広務らに切り崩されてしまい
自由党と民主党、そして自民党内の加藤派、山崎派によって
不信任案を成立させて権力を奪取するという作戦が失敗に終わりました。

そこで加藤紘一は責任を取って自分1人だけで本会議場へ行って
不信任への賛成を投じて党からの処分を受けようとした所を
谷垣禎一が袖を掴んで引き留めて
「加藤先生は大将なんだから! 独りで突撃なんてダメですよ! 加藤先生が動く時は俺たちだってついていくんだから!」
という有名な台詞が出たわけです。

その後、民主党政権で鳩山由紀夫の突然の辞任で巻き込まれて幹事長を下ろされた小沢一郎は
2010年の参議院選挙の直後に菅直人を引きずり下ろして
再び権力を奪還しようと党内政局を仕掛けたわけです。
小沢一郎を嫌っている一部の労組系議員達が菅直人側についてしまい、
小沢一郎の計画は失敗しました。

2011年に野党だった自民党に
提出されたら俺たちも賛成するから成立するからと
内閣不信任決議案の提出を呼びかけ、
自民党に内閣不信任決議案を提出させるも、
岡田克也と菅直人が考えた猿芝居にまんまと鳩山由紀夫が騙され、
民主党議員の多くがこれで切り崩されてしまい
内閣不信任決議案の否決が確実になって小沢の権力奪還計画はまたも失敗。
挙げ句に小沢一郎は本会議を欠席して逃げました。

2012年には消費税増税反対を名目として
再び党内政局を仕掛けますが、
地震の時に雲隠れしていた事がバレるなど評判ががた落ちしていた小沢一郎に賛同者が少なく、
やはり失敗に終わり、「国民の生活が第一(政党名)」として分裂。

こうした小沢一郎の過去の行動を見てくれば
今回の国民民主党での仕掛けも別になんの不思議もありませんし、
小沢一郎らしいなとしか言えません。

あまり反省しない小沢一郎は鳩山由紀夫を頼りにして繰り返し失敗し、
今回も黙っている事ができない津村啓介らを焚き付け、
黙っていられない津村啓介は週明けの国民民主党議員総会で
合流のために仲間達21人と決議案出しますと
前週の後半にわざわざSNSでアピール。
そして見事に対策を打たれた形です。

今回の国民民主党議員総会での動きは
仮に小沢一郎が自分が表に出てもいいからと
自分が決議案をとりまとめるなどして動いていたら
うまくいっていたかもしれません。

でも小沢一郎は自分が責任を負う選択だけはしないので
やっぱり失敗に終わりました・・・と。

【パチ倒】出来損ないの法律を万能薬のようにアピール


今回の中国発の新型肺炎について
ほとんど質問せず桜を見る会ばかり質問していて評判が悪かったのか
立憲民主党は政府の対応が遅いだの対応がぬるいだの批判しています。
挙げ句にオーストラリアがクリスマス島へ隔離したことに触れて
総理はもっと指導力を発揮しろと言ってます。

・・・ということは安倍総理が従前より求めてきた
緊急事態条項による私権制限に賛成するってことですよねー。

議院内閣制において総理の権限はかなり制約を受けます。

ところがマスゴミと反日野党の連中は
独裁だなんだと批判し続けています。

党の規約にも役員は選挙で決めるとあるのに
20年間ただの一度も選挙をせずに党の委員長をやっている志位和夫とか、
役員選任について党に規定が存在しない立憲民主党の方が
よっぽど独裁などの批判をされるべきでしょう。

総理を独裁者だと批判する割に
総理を批判する事が目的となっているので
総理に現行法でやれる以上のことをやっていない事を批判し、
手ぬるいだのと批判する反日野党。

反日野党の連中は言っている事が一貫して矛盾しているのですが、
支持する人達はよくこういう程度のを支持できますね。

そうそう、安倍総理が台湾のWHO入りを主張した件について
反日野党から一言も反応がないのはどういうことなんでしょうか?(棒読み)

立憲民主党や国民民主党、日本共産党などの
反日野党の皆さんはなんでこの件で誰1人何も言わないのでしょうか?(棒読み)

日本のマスゴミも共同通信が報じたくらいで
テレビも完全にスルーしているようなのですが?どうしてでしょうか?(棒読み)

そういえば今のWHOのトップの人は
一帯一路でがっつり中国共産党に食い込まれている
エチオピアで外務大臣をやっていた人なんですよねー。

人命よりも中共を重視する異常な中国共産党への忖度も
こういうお金の流れで逆らうわけにいかないという意識があるのでしょうね。
・・・もしかしたらずっぽりハニトラされてたりして。

日本のマスゴミや反日野党が台湾の件でだんまりなのはどうしてですかねー?

中国共産党が台湾イジメを行っていて
台湾人が武漢に取り残されて脱出できなくされている事について
マスゴミは野党議員に質問したらいかがですか?

人命より台湾イジメを優先するなんて
中国がいかに人権を軽視しているかという大問題ですよ。

日頃やたら人権を強調してきた反日野党やマスゴミの皆さんが
こういう時だけ全く見なかったことにして無視するなんて筋が通りませんよねー。

新型肺炎の件ではパワハラで有名な原口一博、森ゆうこらが
民主党政権の時に作った「インフルエンザ特措法」を使わないからと
安倍総理を批判し、
さらにインフルエンザ特措法がどれだけ優れた法律であるか
みたいなアピールまでツイッターで行っています。

元々民主党はまともに仕事ができない人の集まりです。

民主党の鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦
それぞれまともな社会人経験はありません。

鳩山由紀夫が専修大学で教鞭を執っていたようですが、
これは鳩山一族が大学創設メンバーであった事によるものでしょう。

野田佳彦が総理の時に内閣が
国会と選挙制度の変更を一方的に閣議決定したことがありました。
野田佳彦としては選挙制度を変更して
自分達の方が得票が少なくても議席がなるべく減らないようにする事が狙いでした。

選挙制度だの国会改革は国会で決める話であるのに
野田佳彦としては
「閣議決定したから国会は追認するように!」
という話で持っていこうと考えたようです。

これに自民党など野党側が国会に対しての越権行為だと激怒、
結局、野田佳彦の謝罪で手を打つ事になりました。

が、謝罪文を民主党側が誰も書けず、
石破茂が謝罪用の文を書いて、
野田佳彦がふてくされながらこれを読んで謝罪とする
という事がありました。

まともに法律すら書けない民主党でしたからこの程度なのかもしれませんが・・・。

そしてそういう民主党が作った新インフルエンザ特措法ですが、
先日ブログ主が実効性がほとんど期待できないと説明を書きました。

改めて専門家の集まりである感染症学会からの批判をどうぞ。

【感染症学会、新型インフルエンザ特措法の問題点を議論】
(2012/10/13 日経メディカル)

民主党政権の作った新インフルエンザ特措法に対しての
研究者達の批判などの一部が以下。

—–
・この法律は“新型”インフルエンザが対象か?
・そもそも“新型”インフルエンザとは何か? H5N1亜型なのか?
・季節性インフルエンザ以下なら発動しないとあるが、発生後直ちに見極められるのか? また、その基準はどのようなものなのか?
・“新型”であれ、死亡が64万人などということは起こり得るのか?
・臨時の医療施設の開設(同法48、49条)とは「発熱外来」のことか?
・インフルエンザで、電気やガス、水道が使えなくなるのか(同52条)?

「プレパンデミックワクチン接種が既成事実化しているのは倫理的にも問題」
「新感染症とインフルエンザへの対応がごちゃごちゃになっていて、きちっと整理されていないことが最も大きな問題」
「感染症の専門家から見て、看過できない問題点が明らかになった」
—–

そして日経メディカルの記事は以下のようにまとめています。

—–
感染症専門家の目から見てこれだけ多くの問題のある法律が、なぜ成立したのかと疑問視する声がほとんどだった。
—–

新型インフルエンザが対象という立て付けだが定義がはっきりせず、
おまけにとんでもない被害を想定していながら
季節性インフルエンザ以下ならこの法律は発動できない立て付け。
(初動でそんなこと断言できるんかいな?)
そもそも法律が示す言葉の定義が曖昧なものだらけ。

発動条件にあてはめれば現在の死亡者数と感染者数の割合から
今回の新型肺炎は発動条件に当てはまらないことになります。
・・・というか「新型インフルエンザ」がどこまでの範囲かすらわからない法律です。

出来損ないの法律を万能薬のようにアピール_d0044584_04560727.jpg

原口一博や森ゆうこは
民主党政権がいい仕事をしていたことにしたいという思いもあってか
この新インフルエンザ特措法をアピールしているのですが、
(特に森ゆうこに至ってはこの法律があらゆる感染症へ可能な包括的な内容であると主張中、実質デマですね。)
感染症の専門家達からは
「なぜ問題だらけのこの法律が成立したのか?」
と言われるほどひどい内容なわけです。

発動条件に達してないのに発動すれば
間違いなく事後に安倍総理を引きずり下ろす材料として
野党とマスゴミが攻撃してくるでしょうし、
法律としてもかなりメチャクチャな内容で実効性が不明。

そんな法律を使って混乱が起きたりした時の方がよっぽど問題です。
使い物にならない法律なのですから相手にしないのは当然でしょう。

では次はカルロス・ゴーンの逃亡の件のニュースから。

【ゴーン容疑者“逃亡関与”面会一部記載せず】
不法出国の疑いで逮捕状が出ている日産の前会長カルロス・ゴーン容疑者が、保釈の条件となっていた面会記録に、逃亡を手助けしたとみられる男との面会を一部記載していなかったことがわかった。

東京地検によると、ゴーン容疑者は去年7月以降、6回にわたり、犯人隠避の疑いなどで逮捕状が出ているピーター・テイラー容疑者と面会していたという。

ゴーン容疑者は保釈の条件として、面会した人や日時や場所などを自ら記録し裁判所に提出していたが、関係者によると、ピーター容疑者との面会記録は出国前日を含む去年12月の2回分、記載していなかったという。

また、ピーター容疑者とは弘中惇一郎弁護士の事務所でも4回面会していたが、弘中弁護士は、「事務所で逃亡の謀議が行われたということはない」などとコメントしている。
(2020/1/31 NNN)

東京地検は当然ながらある程度チェックを続けていたのでしょうね。
弘中の方はそれをバレていないと思って過少申告していた・・・と。

ゴーン逃亡の件は情報が明らかになるほどに
「弘中はいくらもらってゴーンを逃がしたのかね?」
という思いが強くなります。

ゴーンは日産を私物化して
自身へ多額の資金環流を行っていた容疑だったわけですが、
ゴーンが行った様々な個人的なパーティーや不動産購入、
資金運用での失敗など、
あらゆる部分で日産のお金を使っていました。

ですのでゴーンの資産は相当な金額になっているでしょうが、
日本側はICPOに対して国際指名手配の手続きを取りました。

うまく逃げる事に成功したので自己正当化もかねて
日本に対して悪口を散々言いふらすことで調子に乗っていたゴーンでしたが、
このICPOへ国際指名手配を行った事で事情が変わりました。

【国際手配取り消し請求へ ICPOにゴーン被告】
【サンパウロ=共同】中東レバノンに逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告は30日付のブラジル経済紙バロルに掲載されたインタビューで「政治的な事件であり、人権が尊重されなかった」として、国際刑事警察機構(ICPO)に国際逮捕手配書の取り消しを求める準備を弁護士と進めていることを明らかにした。

また「日本の司法制度を知っていたら(日産の)工場を閉鎖したり、企業を刷新したりはしなかっただろう。日本では簡単に告発されるし、司法制度に引っ掛かると抜け出せない」と強調。日本の検察は「常にうそをついている」と批判した。

国際手配の取り消しに期待を示し、出身国ブラジルや「日本以外の」世界各国を訪れたいと述べた。

同紙はベイルートに滞在する被告と、ビデオ電話を通じてインタビューした。ゴーン被告はブラジルのほか、レバノンとフランスの国籍も持つ。
(2020/1/31 日経新聞)

国際指名手配となったことによりレバノンから出れば逮捕されます。

また、表のお金もほとんど動かせなくなりました。
裏金としてゴーンがどれだけ現金をレバノンに持ち込めたか次第でしょう。

金が増えないゴーンをかくまっておく理由もありませんから
レバノン政府だっていつまでもゴーンを守りつづけはしないでしょう。

要するに国際手配を解除できなければ
ゴーンはこのままレバノンで金をせびられつづけ
いずれ煮られる事になるのだろうと思います。

なのでゴーンはICPOの国際手配を解除させて
ブラジルなどへ逃亡できる態勢を作らなければなりません。

ゴーンは恨むのならゴーン逃亡を実質的に手助けした
東京地方裁判所の島田一裁判官と弘中惇一郞を恨んだ方がいいでしょう。

ま、逃げようなんて思わなきゃ良かったねというだけの話なのですけどね。

逃げた上に検察どころか散々悪口を言って日本の司法全体を貶めた結果、
日本の検察に見事に反撃されましたという感じでしょう。

日本のマスゴミは日本を貶める事ができればなんでもOKとばかりに
ゴーン側に立った報道しかしませんが、
さすがにテレビばっかり見ているような人でも
ゴーンへの日本のマスゴミの立ち位置には違和感を感じるのではないかと思います。

さて、本日は京都市長選挙の投票日です。
京都市のみなさんは投票に行ってください。

京都市長選挙の前回の投票率はなんと35.68%

住民がこれだけ選挙に関心がないからこそ
京都は組織票の反日野党が有利になるのでしょう。

選挙は理想の候補を選ぶものではありませんよ。
「よりマシなのを選ぶ」ことで
「こいつだけは落としたい」人になるべく退場してもらうものだと思います。

投票率の低さもあり、
今回の選挙は勝てそうだと
共産党とれいわ新選組が福山和人候補を応援。

福山和人が勝てば京都市に「ヘイトスピーチ規制条例」を作ると
福山和人自身が選挙公約だと言っています。

要するに福山和人候補が勝てば日本人を差別すると言っているわけです。

それでも無関心な層が多いので福山和人が勝てる見込みが出ており、
福山和人陣営は票を釣るために

・国民保険料33,000円免除します
・高齢者の医療負担を2割から1割に戻します。
・市役所からの仕事は最低時給1500円にします。
・全ての中学生にあったかい給食を出します。
・子供の医療費を中学卒業まで無料にします。
・子供の医療費の自己負担が0円になります。
・地下鉄定期券の市の学割負担率を48%から60%にします。
・返さなくてもいい市独自の奨学金を作ります。
・奨学金を借りた人も返済の利息は市が負担します。

要するに
「お金あげるから投票してね」
という民主党が政権を取るときに行った
作戦と同じ手に出ています。

自分達が約束を守る気がないから
無責任にこういうことが言えるのでしょう。
選挙に行かないことで投票率を下げて実質的に組織票を応援するのか、投票に行って意思を示すのか。
京都市の人達はとにかく投票に行くべきだと思います。投票率30%台は恥ずかしい数字です。

パチ倒応援ブログ | 主に政治について語っているサイトです


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント