【パチ倒】本年もよろしくお願いします。~【パチ倒産】人のせいにしてれば政権を取れる時代じゃないよ

【パチ倒】本年もよろしくお願いします。


大晦日にゴーンがレバノンに脱出したことが報じられました。
パスポートは差し押さえられていたはずですので、
レバノン政府、レバノン大使館が協力して偽装パスポートを用意するなど
年末の役所が手薄なタイミングを狙って仕掛けてきたと見るべきでしょう。

実際にカルロス・ゴーンがベイルート入りしてすぐに
レバノン大統領公邸を訪問、
ミシェル・アウン大統領と面会したことが報じられています。

そしてすぐさまゴーンは欧州メディア向けに
—–
「私は今レバノンにいて、もう推定有罪で不正な日本国の司法制度の人質ではありません。日本国は国際法無視・差別蔓延・基本的人権も否定される。私は正義から逃亡したのではなく(日本国の)不正義で政治的迫害から逃れたのです。」
—–
との声明を送付。

ゴーンは両親がレバノン人で少年期をレバノンで過ごしており、
レバノンにとっては立身出世した、
大金持ちになって大成功した英雄です。

またゴーンが日産の巨額のお金を懐に入れるのに使っていた舞台がレバノンやオマーンです。
ゴーンが着服したとされる日産の多額の架空投資事件の事も考えれば
レバノンとしてはゴーンを二重に守りたいところだったのでしょうし、
汚職して金を手に入れれば白も黒にできて権力者になれる
そんなお国柄のレバノンですから日産の巨額のお金をつまみつづけてきたゴーンなら
政府の協力を得るお金を用意するくらい朝飯前でしょう。

なのでレバノン政府がいかにゴーンを脱出させるかを考えていたと見るべきです。

レバノン治安当局はカルロス・ゴーンは別名義のビザで入ったとのことですから
偽造パスポート等いろいろと周到に準備していたのでしょう。
レバノン政府とレバノン大使館の周到な準備と協力によるものでなければ
ここまでのことはできませんし、
また、すぐにレバノン大統領と面会したり、
ゴーンの私邸にレバノンが特殊部隊を配置して警備に当たらせている事を考えれば
レバノン政府がそこまで準備していたと見るのが妥当です。

弘中弁護士が寝耳に水だとか言っているようですが、
本気でまったく気がつかなかったとすれば本気でぼんくらですし、
むしろなにかしら気がついていたのではないか、
あとは逃亡に対して積極的に関与なのか、消極的に関与なのか
その程度の違いしかないと思います。
あとパスポートは弘中弁護士が預かっていたと言っていたはずです。
やはりパスポートは偽造の可能性が高そうです。

ゴーンの出した声明は意訳すれば
「日本だと俺絶対に裁判勝てないから、有罪になるので逃げました。これで自由を謳歌します。バーカバーカ」
というところなので
弘中弁護士はゴーンにこいつ無能と認定されてるようなものなんですが、
ずいぶんとのんびりしたコメントをしているところを見ると
まだ事態の深刻さを理解していないか、
知らないフリをしているか、あるいは共犯関係か。

と書きながら弘中弁護士の会見動画を見ていたら
弘中惇一郞弁護士は記者達への説明で
「何か、そこに嘘を書いたとかなんとかってことがあることになるんですかね?出国手続きは引っかかるは引っかかるんだけども、逃走罪ってのは施設から、刑務所とか留置所から逃げるのが逃走罪なんで、条件に反して勝手に出た(出国のこと)というのは罪ではないから、今言った出国手続きあたりは気になりますけども、それ以外は犯罪というレベルの話ではないと思いますよ」
と発言していました。

責任逃れの予防線を張っていると思われます。
やはり弘中弁護士も共犯の線も疑った方がいいでしょうね。

出国記録がないということは偽造パスポートなりで出国したでしょうから、
旅券法違反にはなりますし、
保釈取り消して拘留へ戻るはずの所が海外逃亡なんですがね。

無罪請負人などとマスゴミに持ち上げられてましたけど、
この方法なら日本の裁判を受けさせられることがなくなりましたので
裁判では無罪ではあるでしょうけどね・・。

人権だの日本の人質司法だの散々言って
反日マスゴミもゴーンの味方をし続けてきましたし、
人権を殊更に主張して保釈させた弘中弁護士ら弁護団、
そして保釈を安易に認めた東京地裁。

それぞれの責任もきちっと追及されるべきでしょう。

また、この10年ずっと保釈割合が増えているそうで、
安易に保釈する事によって
ここのところ逃亡するケースが次々とニュースになっている中での今回の事件です。

また、今回の事件ではっきりしたことは日本の入国管理のザルさです。

人権だの人間の性善説的な運用になれば必ずザルになるので
根本的に管理を見直さなければならないでしょう。

今まで法務省があえてザルにしていたのかもしれませんが、
せっかく出入国管理庁となったのですから
徹底的に調査して対策をブラッシュアップし続けてもらいたいものです。

レバノンではゴーンが楽器ケースに隠れて
日本から密輸されたと報道されていますが、
これは捜査を攪乱するためのデマの線も頭に入れておくべきでしょう。
荷物検査について考えればむしろこれでバレないはずがありません。
通るとすればやはり日本の入管のやり方はザルでお話にならず、
このままでは五輪を迎えるに当たってテロの警戒などできようはずがありません。

外務省からちょっと関係するスケジュールを見ると、
—–
12月17日 駐日レバノン大使が鈴木馨祐外務副大臣と面会

12月20日 鈴木外務副大臣がレバノン大統領・首相・外相・国会議長・国会外交委員長と面会

12月30日 ゴーンがレバノンに入国。出入国管理庁に出国記録なし
—–

おそらくレバノン政府が鈴木外務副大臣に
ゴーン引き渡しを要求していたのではないでしょうか?
それで要求が飲まれないから今回の逃亡を実行に移したと。

いずれにせよ、鈴木外務副大臣に対してレバノン大統領などまで接触していたわけで、
日本側がやるべきはゴーンの逃亡について手口を解明すること、
そしてレバノン政府やレバノン大使館の関与が認められたのなら
ゴーンの引き渡しが行われない限り
レバノンからの渡航許可は永久に認めないようにすべきでしょう。
また、レバノンからの滞在者の滞在延長についてもいろいろ条件を付けるべきでしょう。
なにせレバノン政府が日本の主権を侵害したということなのですから。

すでにゴーンの身柄は引き渡さないけど日本とは良好な関係を続けたいなどと
舐めきった声明を発表しています。
日本ならレバノンが実質的に被害を受けるような報復をしないと高をくくっている。
そう見ていいでしょう。

ここでまた外務省はいつもの
「穏便に済ませましょう」
という進言をしてくるのかもしれません。
国家としてナメられてそれでも北朝鮮のようにやりたい放題を許すのか?
外務省の官僚どもなら日本の国益を損ねても自己保身が先にたちますので
当然やりたい放題を許す方を選ぼうとするでしょう。

逃亡したゴーンは欧州メディアを使って
日本の悪口を有ること無いこと発表するでしょう。

人権屋が跋扈する日本のザル司法制度。
保釈をどんどん認めさせようとしてきた人権屋活動家どもや
保釈をどんどん拡大してきて次から次に逃亡させている地方裁判所の裁判官ども
そういう部分への批判もしていかねばなりません。

また、ゴーン逮捕から日本のマスゴミが全面的にゴーンの側にたった主張をしてきたのは
反日に使えればなんでもよいという日本の反日勢力の基本姿勢によるものでしょう。

そこにたとえ視聴率が下がっていても
はした金をもらって韓流ブームだとか嘘をついて
散々韓流ドラマを流し続けてた日本のテレビ局ですからね。

当初は日産を吸収するシナリオを薦めるために
大統領が自ら安倍総理に司法介入を要求してきたくらいのフランスです。
賄賂あたりまえのあの国の文化では
日本のテレビ局などに手を回すなども疑っておいたほうがいいでしょう。

で、こういう事件があると
日本叩きなど自分の目的のために利用してくるのが出てきます。

民主党政権で総務省顧問に採用されたり、
民主党から報酬を受け取るなどして、
ことあるごとに小沢一郎などの民主党の汚職の擁護をしてきた
(でも専門はコンプライアンスだと当人は主張)
ヤメ検弁護士の郷原信郎氏のツイート。

郷原信郎@nobuogohara

弁護人には誠に気の毒だし、裁判所の理解を裏切ったことは残念だ。しかし、重要なのは今後のことだ。ゴーン氏事件の検察捜査はあまりにデタラメだった。レバノン政府に対してゴーン氏の身柄引渡しを求めても、果たして国際社会に通用するだろうか。狭い日本の司法だけの問題ではなくなったといえる。 https://twitter.com/hikita_bungorou/status/1211825481726562304 …

ひきた ぶんごろう@hikita_bungorou

「カルロス・ゴーンは自身の責任から逃げようとしているのではなく、不公正な日本の制度から逃れようとしてるのだ」とのこと。国籍のあるレバノンに保護を求めて出国ということか。亡命だと「本国からの迫害を逃れる」ことになるので、保護と言った方が正しいか。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000004-jij_afp-int …

4,215

Twitter広告の情報とプライバシー

2,918人がこの話題について話しています

日本の司法を批判したいのはわかりますけどね、
司法を批判したいから海外逃亡を許していいなんて話にはなりませんよ。

日本の司法はむしろきちんと手続きを踏んで立証しようとしていたわけですしね。
ゴーンのは中東を舞台にして日産の巨額のお金を架空投資話で懐に入れるという汚職。

手法がテロ組織がマネロンをしたり資金を動かしたりするそれと同じ構造で
言ってしまえばただでさえ悪質な犯罪なのに
それをまかり通らせたとなればテロ組織が
同じ手口を拡大させかねないものなので
なおさらきっちり解明しなければならない事件でした。
だからこそ時間をかけてやっていたわけです。

おまけにレバノンも絡んでいる可能性だってゼロではない事件です。
丁寧に解明する必要がありました。

小沢一郎の陸山会事件など民主党から金をもらって
日本の司法を批判して民主党を擁護していた過去のある郷原信郎としては
その理屈の延長として今回のネタを真っ先に利用してきたわけであきれるしかありません。

だいたいゴーンがフランスではなくレバノンに逃げ込んだのだって
金さえ握らせれば黒も白も簡単にひっくり返る程度のレバノンだから
金で自分を守れると考えたからでしょう。

日産の巨額のお金を懐に入れていた事が報じられしまったため、
フランスでは多くのフランス国民がゴーンを歓迎などしないどころか
反富裕層から間違いなく敵扱いされています。
これにフランスもゴーンを見捨てて
ゴーンがルノーのお金もネコババしてた事を明らかにして告訴しているので
フランスに逃げても逮捕されるからでしょう。

【ルノー、ゴーン被告を告訴へ 不正支出疑惑で】
(2019/6/5 AFP)

フランスの司法は日本よりもずっと強力で
検察が予審開始を請求すると容疑者を1年まで拘留ができます。
延長すれば最長で4年8ヶ月まで拘留を続ける事ができます。
拘留、保釈について予審判事が決定権を持つため
日本のようにお花畑地裁がほいほい決めるような保釈決定はまず無理でしょう。
日本の司法などよりよっぽどゴーンの扱いがひどい事がわかっているからこそ
ゴーンはフランスではなくレバノンを選んだのでしょう。

日本のマスゴミやサヨクは
日本の司法は拘留が長すぎるだの人質司法だの
欧州に比べて遅れているだのと批判しまくってましたが、
フランスの方がずっとずっと恐ろしいですよ。

ましてやドイツみたいに重犯罪の犯人をその場でサクッと射殺して
司法による判断を受けさせずに実質的に死刑にするようなのではなく
重犯罪者をなんとしても司法で裁かせようとする日本の方が比較にならないほど人道的です。

日本の司法は遅れている、日本は後進国だ
なんて騒いでいる左巻きの連中は
「なぜゴーンがフランスに逃げなかったか」
を少しは考えた方がいいでしょう。

ゴーン逮捕を巡っては今回取り上げた郷原信郎に限らず
日本の司法が遅れている、日本の司法は中世だとか散々批判して
保釈も簡単に認めないだのなんだの騒いできたわけですが、
保釈したらこのザマなんですよ。

レバノンなら金さえあればどれだけ真っ黒でもゴーンが白になる
ゴーンの言う「公正」な裁判ができますからね。
日本が中世ならレバノンの司法は紀元前ですよ。

さて、大晦日に派手に逃亡劇をやってくれたゴーンのニュースがあったので
新年一発目からこんな記事になってしまいました。

ただ、ゴーン逮捕からの報道の一連の流れは
マスゴミや反日左翼が自説のために悪用している
典型的な事例で事実をきちんと報じずねじ曲げて報じてきた話なので
昨日の記事で書いた話の実例としてちょうど良いと考えたからです。

そもそも無罪を証明するのなら公判で戦えばいいのであって
裁判で勝てなくて有罪になるから日本から海外逃亡したなんて声明は
真っ黒だと自分で認めたような話ですし、
日本の司法を批判するためにゴーンを擁護するのは無理も良いところです。

遅れていると言っていた日本の司法だって
むしろフランスなどから見たら人権に配慮しすぎなくらいです。

そのおかげで熊谷6人連続殺人事件の犯人なんて
明らかに殺意を持って犯行を行っていた事がわかる内容なのに
心神耗弱という理由を作れば死刑を回避できたのですし、
「3人殺すと死刑になるので、2人までにしようと思った。1人しか殺せなかったら、あと何人かに重傷を負わせれば無期懲役になると思った」
なんてと堂々と語る凶悪な犯人を彼の狙い通りに死刑ではなく無期懲役にしたり、
警察への暴行を行って逃亡を図ってさらに罪が増えた凶悪な容疑者を
検察の主張を無視して地裁が保釈を決定してまんまと逃亡させたりという事件が立て続けにおきています。

むしろ批判すべきは人権に配慮しすぎて
被害や被害者を軽視しすぎている事の方でしょう。

常に情報の流れを整理する、整理して考えようとする事を習慣づけていれば
マスゴミや反日勢力の扇動に流されにくくなっていけるはずです。

なんとしても憲法改正を阻止しようと
モリカケ騒ぎ以降、国会はひたすら反日野党とマスゴミによって
停滞させられ続けてきました。

立憲民主党にしても共産党にしても憲法改正阻止などと言っていますが、
憲法改正を判断するのは国民投票をする国民なのです。

国民に判断を委ねるための国民投票法の整備を妨害し続ける
反日野党は
モリカケが飽きられてやるほど支持率が落ちるようになった事に気付いたので
今度は桜を見る会と難癖を付ける理由をでっち上げてきました。

反日野党は
「国民投票をさせたら憲法を改正されてしまう」
そう確信しているからこそ妨害を徹底してきたと言っていいでしょう。

参議院ではこの3年で憲法審査会が数分しか開かれていないような
そういう事態になっているのです。

国民投票で憲法について国民が判断する。
これって民主主義じゃないんですか?

日本共産党や朝日新聞は民主主義を守れなどと言って安倍政権を非難していますが、
国民投票という民主主義を否定する彼らこそ民主主義の敵であり、
民主主義を守るために倒さなければならない敵でしょう。

これだって憲法改正が
「そもそも国民投票で決める事になってるよな」
という当たり前のところに立ち返れば
国民投票法の整備すら妨害している反日野党と
それを応援している朝日新聞などの
反日マスゴミの主張が根本からおかしいという話になるはずです。

昨日に引き続いた話になってしまい、
年をまたいでしまって誠に申し訳ないところですが、
今年はこの数年どんどん悪化してきたマスゴミによる扇動がさらに激しくなるでしょう。

5Gが本格的に普及するようになりはじめたら
マスゴミの支配体制が一気に崩壊しかねないからこそ
マスゴミと反日勢力はたとえば大阪維新の会や川崎市の反日条例のように
日本人の言論封殺を急いでいるのだと思います。

今年も惑わされないように
皆さんと情報の整理をしていきたいと思います。

本年もよろしくお願いします。

【パチ倒】おまえらは何を言ってるんだ?


まずは昨年暮れの琉球新報の記事から。

【首里城再建寄付金の使い道をアンケートへ 沖縄県が方針、意見踏まえて条例化】
 沖縄県は30日までに、首里城再建へ向けて県に寄せられた寄付金の使い道について、県民の意見を踏まえた条例を制定することを決めた。アンケートで広く一般県民から意見を集めるほか、関係団体や寄付者らからの意見も聴き、広い範囲で使い道を検討した上で条例化する。アンケートのためのホームページ設置も検討している。那覇市は、同市に届けられた寄付金を県に託す方針。27日までに県と那覇市には県内外や国外から計約12億4千万円の寄付金が集まっている。
~以下省略~
(2019/12/31 琉球新報)


首里城を再建するからと首里城の火災後にすぐに玉城デニーがやったことが
沖縄県政をほったらかしにして
「首里城再建に寄付を!」
という金集めの呼びかけの旅でした。

で12億を超える寄付が集まっているこの状況で
「なんに使うか考えよう(棒読み)」
だそうです。

これが玉城デニーです。
(実態はバックで操っている中核派+共産党の「オール沖縄」ですけど)
ろくに仕事をしないくせに金がほしい、金がほしい、金がほしい。

オール沖縄は翁長知事の時代も
全く米政府側とのアポを取らずに
辺野古移設反対を訴えにいくだのなんだの理由をつけて
知事を出汁にして税金で米国に遊びに行くような人達ですからね。

米政府側に全くアポを取らないで繰り返し訪米しては
ご一行様で歌って踊ってしてる写真が撮られたりしてる始末ですからね。

お次はパヨクさんが「小説家になろう」でヘイトスピーチをかましていたのでご報告。

安倍晋三死ね

mypage.syosetu.com

おまえらは何を言ってるんだ?_d0044584_11373619.jpg
おまえらは何を言ってるんだ?_d0044584_11373646.jpg

正月休みで削除されないのを狙ったんですかね?
あとブログ主の勘ですが、
これは犯人は20~30代、あるいは40~50代の犯行かもしれません。(ドヤ顔)

おまえらは何を言ってるんだ?_d0044584_11383493.jpg

中曽根康弘が亡くなった事を知らないっぽいあたりも間抜けでいいですね。

お次はフェイクニュースの共同通信の記事から。

【五輪開会式、アニメで休戦の訴え 「共生」の理念をテーマに】
 2020年7月24日に国立競技場で行われる東京五輪の開会式の象徴的な演出として、日本のアニメを活用した「休戦」のメッセージを打ち出す計画があることが31日、複数の関係者への取材で分かった。国際情勢の先行きが不透明な中、世界中の多様な人々が歩み寄る「共生」の理念を式典の中心テーマに据え、五輪がスポーツを通じて目指す平和の精神を、分かりやすくアピールする狙いがある。

 開会式の演出は極秘事項。日本のアニメは海外でも広く知られており、普段は敵対するキャラクターが手を取り合うといった演出で、大会中の武力紛争を控えるよう呼び掛けることが検討されている。
(2019/1/1 共同通信)

秋に韓国の聯合ニュースと提携を発表して以降は
特に即バレするフェイクニュース連発の共同通信ですが、
今度は「極秘事項」ということにしてなんか適当にニュースを記事にしてきたようです。

そしてお得意の「複数の関係者への取材でわかった」ですね。
共同通信って「関係者への取材でわかった」と書いて
フェイクニュースだとすぐバレる内容の記事を繰り返しているので
これも同じと見て眉につばを付けておいた方がよいでしょう。

共同通信さんは
「関係者への取材でわかった」
と記事をでっち上げる習慣があるようなので
必ず記者の実名を付ける記名記事にすべきでしょう。

お次は小沢一郎の記事から。

【小沢一郎氏「チューチューねずみ年は政変の年だ」】
国民民主党の小沢一郎衆院議員は1日、東京都内の私邸で開いた元旦恒例の新年会であいさつし、「今年は、チューチューねずみの年だが、(過去の)ほとんどのねずみ年に政変が起きている。今日の安倍内閣の現状や国民の心理からいって、今年も例外なく、ねずみ年の政変になるのではないか」と指摘した。
その上で、年越しの懸案となっている野党結集について、早期の合意が必要と強調。国会召集が1月20日予定であることから「6日の週には(立憲民主党と国民の)党首同士の合意を経て、手続きすることにしないといけない」と述べ、来週の早い段階で両党首間で合意することが必要との認識を示した。

「国民の願いは、安倍政権や自民党に代わる受け皿の政党がほしいということだ。良識ある自民党支持者もそういう思いでいると思うし、ほとんどの国民が望んでいることだ」とも指摘。「きたるべき総選挙にも必ず勝利し、野党政権を樹立することはできる。野党がまとまって、今のおかしな政権を倒さないといけない」と述べ、野党結集を前提にした上で、今年は打倒安倍政権へ、勝負の年になると意気込みを示した。

「政権を目指さない政党は政党ではなく、政権を目指さない国会議員は国会議員である必要はない」と、政権奪取に向けた心構えも、出席した国会議員らに説いた。

安倍政権について「論評にも値しない。いろんな疑惑が吹き出ており、安倍さん自身の疑惑が批判の的になっている」と、「桜を見る会」などの問題を念頭に、酷評した。
(2019/1/1 日刊スポーツ)

単に亥年に参議院選挙と統一地方選挙が重なるからです。
これで参議院がねじれたりするので
粘っても翌年には政権が倒れるからでしょう。

では昨年はどうでしたか?
統一地方選挙でも自民は議席を減らさず、
参議院選挙でも与党過半数を維持。

だいたい、立憲民主党と国民民主党と増税民主党(代表・野田佳彦)
を一つにまとめたとして、
全方位で無能だった民主党が復活するだけの話です。

ただでさえ現状では審議拒否と審議妨害しかせず、
支持率は下がり続けていてニッチ政党になっています。
マスゴミによる全面的な擁護がなかったら
とっくの昔に消滅していてもおかしくない集団ですよ。

反日マスゴミの世論調査をして
立民、民民の合流には「期待していない」が
過半数になっているのが現実なのですから。

今の立憲民主党の役員の人選。
ほぼ「菅内閣が席替えをしただけ」ですからね。

菅内閣が席替えをしただけですが支持しますか?
って質問したらまともな人は支持するなんて言えませんよ。

昨日取り上げたゴーンの件で
欧州のメディアも日本の反日メディアも
日本を批判することが出来ることが楽しいので
日本の司法が「必ず有罪になる」だの「99%有罪」だのと
また騒いでいてパヨクもこれに乗っかっているようですが、
起訴便宜主義と起訴法定主義の違いですからね。

日本は起訴便宜主義、検察が起訴するか否か判断するので
これは有罪に出来るとほぼ確信できたものしか起訴しないというだけです。

ドイツなどで採用されている起訴法定主義は
「公訴提起の要件を満たす限り必ず起訴しなければならない」
なんですよ。
ですので必然的に起訴便宜主義に比べて有罪になる確率が下がります。

小沢一郎の政治資金不正問題の一つである陸山会事件のときに
マスゴミやパヨクが検察に圧力を掛ける中で
検察を猛烈に批判するための一つの切り口として
日本は欧州に比べて有罪確率が高すぎるとかいうのを使っていた事がありますが、
そらあたりまえですよ、制度が違うんですから。というだけの話です。

お次は年末にデマをツイートしているパヨクアカウントがあったので
そちらをピックアップします。

おまえらは何を言ってるんだ?_d0044584_11401667.jpg

「タイで犯罪を犯して刑務所にぶち込まれてる外国人のトップが日本人」
というデマなのですが、
ソースがきちんとしたソースを提示していない個人ブログx2。

2019年12月16日のタイのニュースサイトの記事を
グーグル翻訳にかけると・・・。

https://www.komchadluek.net/news/regional/404831
—–
2019年12月16日、外国人受刑者を助けるために修正が加速されました。 ゴールドカードの基準を満たしていない9,000人以上の囚人の治療費を支払うために、3,400万の薬物基金を要求する 年間1,000人以上が刑務所で死亡しています。

警察補佐官副長官プラウートウォンシニル中佐 人権の原則に従って刑務所で罰せられた後、病気の外国人受刑者を助けるアプローチについて述べた 現在、刑務所は全国にあり、15,000人の外国人受刑者が約9,600人の麻薬犯罪者に分割されています。

しかし、拘留された後、ほとんどの外国人囚人は ラオス、カンボジア、ミャンマーなどの近隣諸国からは、流行が他の刑務所に広がるのを防ぐために治療する必要がある風土病に苦しんでいます。 どの外国人受刑者 国家健康安全保障局(NHSO)から医療を受けるための基準に含まれていないため、面倒を見るのは矯正局の負担です
—–

きちんとしたソースを提示できてない個人ブログをソースにしてデマをばらまく。
日本の悪口を言いたいパヨクさん達がそれに群がって
やっぱ日本人は腐ってるだのなんだの
「おめーもその腐ってる日本人の1人だろ」
とツッコミを入れたくなるわけですが、
パヨクのみなさんは日本をディスるときに
自分たちを無条件に別枠にしてしまうのですよね。

日本の悪口を言って
「俺はそんな下劣な日本人どもとは違う」
という意識を持ちたいという程度なのだろうと思いますが、
本当に情けない話です。

ただ、建設的意見は絶対に出ない彼らだからこそ
立憲民主党などのパヨパヨした政党を支持してしまうのだろうと思います。
立憲民主党なども人の悪口だけで建設的な意見は絶対にできませんからね。

お次は朝日新聞の別働隊、ハフィントンポスト日本の記事から。

【そもそもアートは誰かの心を傷つける。宮台真司さん 「生半可な覚悟で見に行けば不快になって当然です」】
(2019/12/30 ハフィントンポスト)

>あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」をふりかえる。

記事から宮台真司の説明部分をいくつか抜粋します。
—–
「そもそもアートは心に傷を付ける。心を回復させる娯楽とは違う」
「こうした基本的なことでさえ、行政、政治家、そして市民までもが分かっていないことに驚きました」

河村市長は分かっていませんが、ロマン派に始まる近代アートは「人の心に傷をつける」ことが目的です。比べると、娯楽は、文字通りレクリエーション(回復)です。疲れた人が作品に触れ、笑ったり泣いたりしてカタルシスを得て(心がスッキリして)「頑張ろう」と思う。週末に浴びる風呂みたいなもの。
一方、アートはそうではない。「社会の中」に閉じ込められている人々に「社会の外」を突きつける営みです。
世界は、人々が思っているようなものではないことを突き付けるのです。だから娯楽と違って、アートに触れた以上、元の姿では社会に戻れないようにします。要は心に回復しない傷をつけるのです。
—–

アートは見たものの心に回復しない傷を付ける事が目的なんだそうですよ。
初めて聞きましたよ。

まぁ、宮台が無理矢理あいちトリエンナーレの反日展示を擁護するために
でっちあげたエクストリーム擁護論だから当然ですけどね。

反日の自称ジャーナリストの神保哲生とつるむことの多いどパヨクの宮台真司。
ハフィントンポストとしては
「有名な学者」による解説記事ということにして
無理矢理説得力を持たせたいのでしょう。

宮台真司の言葉を借りると、
彼ら反日パヨクの考えるアートは
「生半可な覚悟で見に行ってはいけないもの」
「見た人間の心に回復しない傷をつけるのが目的」
なのだそうですよ。

というわけで「XXトリエンナーレ」と付くもの、
多摩美の建畠晢、NHK、朝日新聞などの反日の人達が関わっている
この手の芸術祭イベントは見に行ってはいけないというのが
ハフィントンポストと宮台真司さんのアドバイスですね。

現代アートに求められるのは
「知的刺激性」
だとブログ主は考えています。

そこに日常では気がつかなかった
「驚き」「面白さ」「美しさ」
を感じる。
そういうものが現代アートに求められるものだろうと思います。

露骨な反日プロパガンダや
侮日展示を現代アートと言い張るのは無理があります。

あと中国からのお土産のお菓子と入っていた袋を展示しただけでアートと言い張るのも無理。

大橋藍 | 表現の不自由展・その後

大橋藍OHASHI Aiアルバイト先の香港式中華料理屋の社長から「オレ、中国のもの食わないから。」と言われて頂いた、厨房で働く香港出身のKさんからのお土産のお菓子 テキスト、蛋黃酥、ビニール袋 2018"K -who works in the kitchen- gave this candy to the Japane...

censorship.social

おまえらは何を言ってるんだ?_d0044584_11420224.jpg

ちなみにこの中国のお菓子の解説のところもすごいですよね。
国立新美術館から「食品は腐る可能性があるので」と展示拒否られたのを
アライ=ヒロユキとかいう人が
「民族問題の主題の拒否が根底にあると憶測」
という理由をくっつけて芸術作品として展示させたんですから。


あちらの反日な人達の人脈に参加できれば
なんでも「現代アートです」って言って芸術家扱いしてもらえるって楽でいいですよね。

締めには橋下徹のツイートを取り上げたいと思います。
昨日はゴーン逃亡を自分の政治的主張に悪用した
郷原信郎のツイートを取り上げたわけですが、
橋下はもっとすごいひねりを加えていました。

橋下徹@hashimoto_lo

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000059-jij-m_est …
明治発祥の壬申戸籍システムにしがみついている結果。グローバルな時代においては現戸籍制度を廃止して、個人管理に移行すべき。マイナンバー+生体認証+出入国管理と連動。もちろん国籍や続柄情報は付加する。こう言うと国籍と戸籍を同一視しているバカたちが怒るだろうが。

ゴーン被告、法的措置取られず 合法的に入国 レバノン治安当局(時事通信) - Yahoo!ニュース

【ベイルート・ロイター時事】レバノン国営通信NNAによると、同国治安当局は31日、日産自動車の前会長のゴーン被告は同国に合法的に入国し、法的措置は取られないと述べた。  - Yahoo!ニュース(時事通信)

headlines.yahoo.co.jp

2,016

Twitter広告の情報とプライバシー

515人がこの話題について話しています

部落解放同盟や在日韓国・朝鮮人団体と近い橋下徹は
維新の会に戸籍制度廃止を主張させるなど
戸籍制度廃止をライフワークの一つとしているようです。

そもそもゴーンの場合は弘中弁護士がパスポートを取り上げていたのに
出国できてしまったという問題なので全く別の次元の話です。

どのような方法で脱出したのかの解明がまだできていませんし、
その穴を今後どのように塞ぐのかという話です。
戸籍制度とはまっっったく関係の無い話です。
特にゴーンのは出入国管理記録に残ってないという「組織的密出国」の話なので
その点からも橋下のこのツイートは的外れもいいところです。

あと、むしろブログ主は帰化一世は政治家になれないようにすることなど
戸籍制度と連動させて拡張させていく方向で動くべきだと思います。

ただでさえ中国共産党が帰化人やチャイナマネーを使って
各国の政界工作をやっているのが明らかになってきていて
オーストラリアでは慌てて対策を取り始めているような状況なのですし、
村田REN4のように多重国籍を自分でわかっていながら
その違法状態のまま活動を続けていた議員なんてのもいたのですから。

【パチ倒】川柳ご応募に感謝(その2


例のIR事業を通した中国企業の浸透工作の件ですが、
賄賂が渡っていた先の議員名として
自民党 中村裕之、岩屋毅、船橋利実、宮崎政久
維新 下地幹郎
の名前が出てきました。

岩屋とか下地とかもう「やっぱりね」としか思えないリストですね。

では昨年投稿いただきました川柳の続きをご紹介させていただこうと思います。

平八郎様の作品。

・ミンス系 事実列挙で 血がのぼる

事実を列挙するだけでキレるんですよね。議員本人も。
で、さらに困ったことに立憲民主党は信者の先鋭化が進んでいて
信者がさらに攻撃的になっています。

辻元清美みたいに民主党時代の失政を指摘するなと
いつまでも民主党政権の事を出すのは恥ずかしい大人だとかぬかして
予算委員会で総理に対して
「過去の民主党政権の失政を挙げて比較するな」
ということを延々と要求していた人もいました。

そんなに比べられるのが嫌なら真面目に勉強して
与党になったときのために能力を磨いておけばよかっただけですよ。

ところが政権を取ったら民主党に議員がみな
「権力をとったら利権のためになにやってもいいんだ」
とばかりにやりたい放題突っ走って自滅しました。

ブログ主は日本のためになるのなら多少利益得たっていいよくらいに思っていますが、
日本をぶっ壊してそのことを自慢しながら
さらに自分達の利権作りに突っ走ったのですからお話になりません。

・「ヘイトニダ」 喚くやつらが ヘイトする

ヘイトどころか在特会幹部宅を特定し、
その近くで待ち伏せして集団暴行を仕掛けるという事件まで起こしていますからね。
ヘイトどころかヘイトヘイト騒いでいたしばき隊そのものが犯罪集団です。
マスゴミは結局この襲撃事件をまっったく報じませんでした。

そしてしばき隊が志位るずの護衛についていたりと
共産党ともべったりの集団であることもわかっています。
共産党も元々は総連を暴力実行部隊として利用しようと朝鮮総連創設からコミットしてきた反社会団体ですからね。
むしろとっとと共産党や新左翼をテロ団体指定して口座凍結した方がいいでしょう。

・コンクリート 厚さで負けぬ 面の皮

どこのセメンといてさんですかね?
だいたい有罪が確定して失職して直後に書いた本が「へこたれへん」ですからね。
まったく反省してないあたりからしておかしいんですが、
これを当選させてしまう高槻市の人達も相当に問題があると思います。
さすがは日本赤軍や中核派がアジトを作るだけの都市ですよ。
(重信房子も大坂正明も高槻市に潜伏していたことがわかっています)

・「受信料廃止」絶対報じぬ 犬HK

報じない 英国首相の 受信料廃止

・徳永有美 後藤謙次は 謝罪せず
・パシリかよ 富川アナだけ 謝罪する
・「説明責任」 喚くやつほど 無責任


世耕大臣の発言をつなぎ合わせて露骨な印象操作の映像を作って
ネットでは証拠動画まで拡散されてしまったので仕方なく謝罪が一番弱い立場の富川。

本来ならそういう映像作りを指示して実行させた番組のディレクターが謝罪して辞職が必要でしょう。
報道と看板を付けておいて「ニュースを捏造」したんですから。

広告費 もらってましたが スルーです(大手新聞社一同)
接待を されていたので スルーです(by後藤謙次)
ジャパンライフの件はマスゴミの方がよっぽど問題ですよね。

・自らの 愚行悪事は 擦りつけ

日本にない 一字で生き埋め 表す字

自分達がやった悪事を相手の悪事と宣伝するのは古来から特亜の文化ですし、
項羽、白起らのやった生き埋めして殺す事を表す「こう」の一字で示す文化も日本にはありません。
なぜか本多勝一の書いた南京大虐殺というフィクションには
この「こう」を無理矢理使うために坑の字に置き換えた
「万人坑」という言葉が使われています。
後年、本多勝一は中国側が用意した証人の言うことをそのまま書いただけだと
まったく裏取り調査をせずに中国共産党のプロパガンダを書いた事を認めてしまっています。

・ポピュリズム 子供を使って 工作中

女や子供を使って感情に訴えるのがデマなどを拡散させるプロパガンダの最も有効な手の一つです。
ですが脚本を書いているのが中共なので
上から目線で叱りつけるしか考えられなかったのでしょう。

これに日本の若者は釣られませんでした(当たり前ですけど)
これに業を煮やした朝日新聞や毎日新聞は
環境少女グレタに共感しないいまどきの日本の若者はおかしい
みたいなことまで社説に書いたりしています。

見え見えのプロパガンダな上に
上から目線で一方的に罵倒するようなヤツの言うことなんざ相手にされないんですよ。
だいたい、環境少女グレタって
チャイルドプレイのチャッキーに一番似ていて嫌悪感しか抱きません。

お次はけい様の作品

・仕事せず 議員報酬 とても美味

あいつらの支持者も先鋭化が進んでいて
国会でまったく政策議論をしないあの妨害一辺倒のやり口を
「もっと攻撃しろ!安倍を倒せ!」
とさらに悪化させろと叫んでいたりします。
なので支持者にふさわしい議員だけ選抜されて残っているとも言えます。

マスゴミの記者達がそもそも勉強してないので
政局だけを政治として報じる事もこれに拍車をかけています。
逆にテレビを見なくなった人達にとっては
政局報道しかしないテレビに洗脳されなくなったので
政局一辺倒の野党の支持者はより純粋なテレビ情弱層に先鋭化され続ける構造です。

続きましてSat様の作品

・消費税 下げろと言う奴 レイシスト

困ったことにこれが現実なんですよね。
消費税を下げろと言っている自民党の中の議員はごく少数。
なにせ自民党の第二派閥、第三派閥の領袖がそれぞれ財務省派。
特に副総理でもある第二派閥の領袖、麻生太郎は
国民の生活が悪化することを理解していながらも、
財務省の省益を守ることを優先しているのでお話になりません。

下げろと言っている立憲民主党、共産党、れいわ新選組などは
法案を出せるだけの議席数があるのに
消費税引き下げ法案は絶対に国会に出しません。
出したら財務省と戦わなければなりませんからね。

財務官僚が彼らの裏金作りを徹底調査して
スキャンダルとして週刊誌に報道させる報復なんて簡単でしょう。
また、日本の景気が悪くならないと本格的な政権後退ができない
革命を実現させるためには国民に不満が溜まりに溜まって爆発する必要がある。
というのが彼ら反日勢力の思想の中心にあるので
口で言うだけで絶対に消費税引き下げには動きません。

国民の多くが
「消費税増税こそが長期景気悪化の犯人である」
ということと
財務省が嘘を正当化するためにでっち上げた
「税収弾性値1」
も嘘であることを理解してこれが常識とならない限りは難しいです。

結局、テレビばっかり見ている情弱層は財政健全化という嘘に騙されています。
なお、日本の予算を膨らませている最大の犯人は「福祉」です。
さらに福祉に予算を回すくらいなら景気対策に予算を回したほうがいいでしょう。

福祉を手厚くしたかったら現役世代がもっと豊かになるようにする事に回すべきです。
経済を膨らませる事をやらないどころか消費税で削って福祉に回していればじり貧になるのは当たり前なんですから。

つづきましてスポンサーに問い合わせ様の作品

・テレビ局 吉本 新聞 皆反社

びっくりするくらい反社です。
中田カウスなどの問題でも吉本興業は全く責任を取らないできました。
そして社内の派閥がいまやダウンタウン派閥で要所を押さえられており、
会長も社長も副社長もグループ企業の社長も
元ダウンタウンのマネージャー出身という状態です。

反社との関係を断ち切れないからこそ
繰り返し反射とのつながりが週刊誌のネタにされるのに
全く根本的な解決策を示さないどころか
散々醜態をさらした大崎会長、岡本社長のコンビが
全く責任を取る事なくその地位に居座り続けています。

吉本興業の株主は電通+在京在阪5社という状態なので
要するにテレビ局にとって使い勝手の良い
都合の良い状態を維持するためにテレビ局が責任を取らせなくてOKとしているわけです。

反社ボクサーとして有名な亀田ファミリーをテレビ局を挙げて持ち上げ、
タイトルマッチでリングサイドの観客席に並ぶ親分衆や
明らかに不正なジャッジや反則も不問にしていたTBSだけにとどまらず、
反社と繋がっているのがあの業界だと見ておくべきでしょう。

反社がどうこう批判するまえに反社から金をもらって宣伝を行い、
反社とズブズブの関係を続けている日本のテレビ局や新聞社も
テロ特措法の対象にしてとっとと取り締まってもらいたいものです。

続きましてうめ様の作品

・柚木さん 次はいよいよ 歌手デビュー

残念ながら本人はもう歌手デビューしたつもりです。
なお、彼は自分を福山雅治に似ていると主張しています。

・今日もまた 反日放送 NHK
・飽きもせず 今日もアベがー トランプがー

近年の日本のマスゴミは自分たちの政治姿勢を全く隠さなくなって
それでも公正中立と言い張っているのがすごいと思います。
あまりに偏向しているのでトランプ候補落選確実とか言ってましたからね。
民主党のバイデンの息子がウクライナにある中国企業から多額の報酬を受け取っていた件を誤魔化すために
米国民主党はトランプ大統領の弾劾を下院で強引に可決させましたが
上院では共和党が多数を占めているので否決されるでしょうが、
この弾劾を巡る話についてもあまりに偏向していて
日本のテレビや新聞を見ていると現状がまったく把握できない内容になっています。
電波オークション化をとっととやるべきでしょう。
電波使用料が米国の100分の1以下とか異常な既得権の象徴ですしね。

・グレタみて 目がきついねと 母が言う

こういう直感的なものってとても大切だと思います。
あきらかに極端な理論を刷り込まれているだけなので
全く余裕がなくて目つきが異常なんですよね。

つづきましてななかみん様の作品

・俺無罪 あいつ有罪 パヨ基準

俺達に 意見するやつ みなウヨク

パヨクの主張が議論に値しない根本的な理由が
「自分を棚に上げる」「自分だけは例外」
というダブスタが当たり前だからなんですよね。
そして議論をするのではなく「俺達の主張を受け入れろ」しか言っていないので
他を犯罪として潰すという短絡的なところに至るのでしょう。
「多様性を受け入れろ!受け入れないヤツは存在することも認めるな!」
という矛盾を平気で言い放ってますからね。

・経団連 馬鹿で無能な 恥知らず

幹部は世襲経営者かデフレ不況で目先の利益だけを追ってきたのしかいませんからね。
おまけに経団連の会報である日経新聞を使って自分達を持ち上げてもらう事に酔いしれてますから。
その日経新聞で持ち上げられまくった経営者は大概そのあとコケるんですよね。
業績で評価されてることで満足すればいいものを
偉そうに経営者としての理念だのなんだのご高説を語りまくるようになるとダメですね。
富士そばの丹会長みたいに自分の仕事だけに邁進してればいいんでしょうけど。

続きましてえすろく様の作品

・NHK 何故かいつでも 特亜推し

サムスン、LG、ファーウェイなどの新製品を
わざわざニュース番組で採り上げ、
さらに他の番組枠で特集までやってます。

特定企業の商品の宣伝をするのであれば
受信料を取る理由を全否定しているも同然なのですから、
やはりNHKはスクランブル化すべきでしょう。
NHKでなければならないのなんて「放送技術の研究」くらいなもので
それだったらその研究部分だけ税金で残せばいいでしょう。
毎年1000億以上も受信料を余らせて蓄財に回しているのに
さらに受信料収入を拡大していこうなんて論外です。

2019年の「ゆく年くる年」では
山口県にある韓国仏教寺院を特集して
もはやNHKが韓国の放送局である事を隠す事もなくなりました。
やっぱ・・・スクランブル化は最低ラインであって
NHKは廃止に持って行くべきでしょう。


つづきまして愛国大和人様の作品

・優先度 日本防衛 他は次

日本の防衛を妨害している連中を取り締まらないと話にならず、
国民に嘘ばかり流して特定アジアの攪乱工作を担っているメディアを取り締まりたいですね。
反日マスゴミが日本の民主主義をねじ曲げ続けて来た犯人ですから。
そのためには保守層に求めるのは
「これはこれ、それはそれ、まずはマスゴミがダメって部分は同じでしょ?」
という理性に基づいた判断なんですよね。

ただ、自分の思い通りにならなかったからなのか
何が何でも反安倍のためにねじ曲がった理論まで言い出す自称経済評論家さんも出てきたりして、
保守層の団結を潰したい勢力にとって実に都合の良い存在になってるのまでいます。
なんでこう分析を「個人的感情」に基づいたものにしたがる愚か者が少なくないのでしょうかね?

とりあえず第二弾はこのあたりにしておきます。

【パチ倒】川柳ご応募に感謝(その3


昨日名前が挙がったIRに絡んで中国企業からお金をもらってたリストの議員の各派閥。

中村裕之 麻生派
岩屋毅 麻生派
船橋利実 麻生派
宮崎政久 竹下派

下地 幹郎 維新 →自民党時代は竹下(当時は橋本)派

逮捕されている秋元司は二階派。
二階派と麻生派は元々は河野派
物の見事に媚中派が集まってるところの議員ですね。

ゴーン逃亡の構図がだんだん見えてきましたので整理。

・地裁はパスポート携帯を許可していた。
  →そもそもパスポートの用途が海外逃亡以外になにがあるんだよ東京地裁のアホ。

・ゴーンの弁護士側が警備会社を訴えるぞと脅して警備会社が監視を解除していた。
  →警備会社から逆に問い合わせとかが来ない方がおかしいし、
   年末で裁判所が休みに入っているからと独自判断は警備会社の担当がアホすぎる。

・ゴーンが商売のためにイスラエルに出入りしていた過去があり、
 レバノンの「イスラエルへの入国は15年の禁固」の法律にもろ抵触。
  →レバノンの弁護士らが訴えるために動いている模様

・ベイルートでは政府が手を回してゴーンを国を挙げて迎えているように装っているが
 どうやら現地住民は
 「無罪だったんならレバノンに逃亡してくる理由がないだろ」
 と冷めた目で見ている模様。

ちなみに「無罪請負人」なんて本を弘中惇一郞は自分で書いています。

無罪請負人 刑事弁護とは何か?

一般書「無罪請負人 刑事弁護とは何か?」弘中 惇一郎のあらすじ、最新情報をKADOKAWA公式サイトより。多くの著名事件を手がけ「無罪請負人」の異名を取る辣腕弁護士が、日本の刑事司法の問題や特捜検察の腐敗ぶり、世論を真実から遠ざけるメディアの問題点などを提起する。

www.kadokawa.co.jp

無罪請負人を自負している弘中としては
どうやっても勝ち目がないから逃亡させてしまえ
というところなんですかね?

寝耳に水だの予想していなかっただの、
挙げ句に逃亡は犯罪にならないだのと
あからさまに自分の責任を誤魔化す予防線を張っている状態です。
申し訳ないですがブログ主は弘中惇一郞という人間に対して
ゴーンからたんまりとお金をもらって逃亡幇助という線も疑っています。

レバノンで禁固刑になるゴーンを見てみたいものです。
日本の刑務所なんかより劣悪な環境でしょうし、
刑を避けようとして今度はブラジルに逃げ込もうものなら
むしろブラジルは政治腐敗を憎む空気も強く、
汚職した政治家は司法の追及を受ける事になります。

フランスもゴーンを諦めて切り捨てたところなので
いまさらゴーンにきてもらっても迷惑でしょう。
汚職野郎を守る柔軟剤みたいな名前の大統領の政権。
と見られて支持率を大きく下げる事になるでしょうからね。

ゴーンの禁固15年を応援したいと思います。

さて、お正月といえば初詣なわけですが、
パヨさんたちってどうしてこうアホなんでしょうか?
と言いたくなるおパヨ様のツイートがありましたので
以下のスクショでお楽しみください。

川柳ご応募に感謝(その3_d0044584_14214740.jpg

安倍・・・ふぞう? いや、プサンか?

あと、日本の神様ってのはお願いをするところではありません。
「僕はこういうことを頑張る!(から見守っててください)」
みたいに神様に示して加護を祈念するものなんですよ。
あくまでも主体は自分なんです。

まして人を呪うところじゃないんですよ。

日本の文化や神様についてなにも勉強していないのでしょう。
だからパヨっていられるのでしょうし。

さて、それでは昨日に引き続き応募いただきました川柳の続きをやっていきたいと思います。

蕎麦湯様の作品。

・マサハルを 許さないぞと 悪夢言う

なんで共産党とか新左翼などの極左テロ集団の人達とか関係者って
カタカナにするんでしょうかね?
「アベ政治を許さない」→「あべまさはる」って誰ですか?って話ですよ。
こいつらは福島県をフクシマと書いて今でも風評被害の拡大活動をしていますし、
カタカナにしていいのはシブサワコウくらいにしとくべきです。

そもそも許さないとか言っている連中は極左過激派とそのシンパでして、
数々のテロ事件を起こしてきたこいつらこそ許されてはいけない存在でしょう。

あと、車の窓ガラスにまで貼りまくってて事故ってるあたりが
共産党らしさですよね。

そういや左しかみてなくて右折しようとして事故ってたんだよなー、菅直人の街宣車。

・争へと 煽る仮面に 平和文字

軍隊はいらぬが 護衛依頼の 平和船

ピースボートさんは9条有るから軍隊はいらないと言っているくせに
ソマリア沖で自衛隊に護衛依頼をした事実はみなさん忘れないようにしましょう。

そして全国にある「XX平和運動センター」と名乗る団体は中核派です。
数々の殺人、テロ事件を起こし、渋谷では若い警官を鉄パイプで集団リンチにして
意識を失ったところにガソリンをかけて火炎瓶を一斉に投げつけて殺したあの中核派です。
繰り返し平和を叫んでいる連中が一番殺し合いしてるという日本の現実。

続きましてとしぱんだ様の作品

・恩知らず やってることは 恥知らず

恩を受け 仇で返すが 彼の文化

基本的にあの半島には恩を仇で返す文化しかないです。
あとそもそも悪貨が良貨を駆逐しきったのがあの半島だと
そう思っておいて間違いありません。
福沢諭吉も私財をなげうって支援していましたが、
金玉均以外はみな裏切り、
金玉均だけは正義感に燃えてあの半島を良くしたいと活動を続けたものの
結局閔妃の刺客に暗殺されてしまいました。

しかも暗殺した後の金玉均の死体をわざわざ朝鮮半島に運び込み、
凌遅刑にして切り刻んだ上で四肢を八つ裂きにして胴体を川に捨て
首、足、腕はそれぞれ朝鮮各地で晒されました。

そりゃ福沢諭吉があの半島はダメだと諦めますよ。

凌遅刑については・・興味のある人はぐぐってください。
近代まで行われていたものの
残酷すぎるので日本統治時代は禁止にしていた特亜文化の一つです。

つづきましてたまにはコメントしてみます。 様の作品。

・レーダーで 胡麻化すつもりが 瀬取りばれ

麻生の推しで大臣になっていたパチンカス議員の岩屋のおかげで
自衛隊の名誉が著しく損なわれました。
マスゴミは全く批判しませんでしたが、
岩屋の歯にパチンコ玉が挟まったような物言いこそ批判されるべきでしょう。
ただ、火器管制レーダー照射事件によって
誤魔化すために話が矛盾していようと大声でわめきちらして
相手に謝罪を要求してくるというのが韓国の常套手段だと理解できた人も
少なからずいると思います。

・金が無い フッ化水素で お買い物

ウランの濃縮に必要な高純度フッ化水素の韓国への輸出が止まった途端に
イランはウランの濃縮作業がストップしてしまいました。
おまけに韓国には物々交換で石油を売っていたはずが、
韓国に「石油代をはやくかえせ!」と怒り始めましたからね。
韓国は今までイランに何を渡して石油を買ってたんでしょうかねー?(棒読み)

・ジーソミア やめる詐欺で 大失敗

ホワイト国除外を撤回しない限りGSOMIA破棄する!
 (/ω・\)チラッ(/ω・\)チラッ (日本を見る)
  ↓
11月の失効でGSOMIA破棄だ!ホワイト国除外を撤回するのなら考えてやらないこともないんだぞ!
 (/ω・\)チラッ(/ω・\)チラッ (日本を見る
  ↓
30日だけ猶予をあたえる。ホワイト国除外を撤回すればGSOMIAについて考えてやってもいいぞ。
 (/ω・\)チラッ(/ω・\)チラッ (日本を見る)
  ↓
3月末まで待っててやる。日本がホワイト国除外以前の状態に戻すのなら少しは延長してやってもいいんだぞ!
  ↓
 (/ω・\)チラッ(/ω・\)チラッ (日本を見る)

安全保障と国際的な貿易の枠組みという全く違うものを
交換条件にしている時点でやはり韓国はまともな国ではありません。

そして文在寅の外交は
「日米に対して一方的に要求を提示するだけ」
ということだけは徹底しています。
韓国側は1ミリも譲歩しないのです。
そのためこうやって一方的な条件を突きつけて相手が譲歩するのを待つだけを繰り返します。
だから日米中露北どの国からも相手にされなくなってるんでしょうに・・・。

徴用工問題で日本側に金を出させて日本側が日韓請求権協定を破った事にして
「日本側が日韓請求権協定を破った!だから韓国は被害者だ!日本はさらなる賠償をしろ!」
と賠償無限おかわりの根拠にするというのが韓国の言う徴用工問題。
事実に即して言えば朝鮮人応募工タカリ裁判の実態でした。
日韓請求権協定では韓国側からのいかなる請求権も消滅しており、
その請求先はすべて韓国政府となっています。
したがって韓国政府が払えばよいのです。

このために日本で言うところの最高裁。
韓国大法院の判事を文在寅が自分の息のかかった人間に入れ替え、
さらに韓国側有利の判決になれば国際条約違反、
日本側有利の判決が出れば裁判官や大統領が国民に襲撃されかねない
という事情から前政権時に徴用工裁判を先送りにしていた判事に対して
見せしめの逮捕を行って判決に圧力をかけ、文在寅の希望通りの判決を引き出しました。

文在寅はこんどはこれを根拠に日本側に賠償金を出させれば俺の全面勝利ということで
日本企業に対して賠償をするようにあの手この手で圧力をかけ続けています。

日本は賠償すべきと文在寅が主張
 →日本は韓国が約束(日韓請求権協定)を守れと門前払い
  ↓
韓国側「日本企業の資産を差し押さえるぞ!差し押さえされたくないなら賠償金を払え」
  ↓
日本企業側は無視
  ↓
韓国側「日本企業の資産を差し押さえた!売却されたくないなら賠償金を払え!」
  ↓
日本企業側は無視
  ↓
「日本の賠償義務は韓国の司法が決めた事、韓国は三権分立を守る。だから日本は韓国の司法に従って賠償すべき」と文在寅が主張
  ↓
日本は韓国が約束を守れと門前払い
  ↓
「画期的アイデアがある、日韓の政府と企業で賠償基金を作ろう」と韓国政府。
  ↓
河野太郎外務大臣「日本に賠償義務は消滅している。韓国が約束を守れ」と門前払い
  ↓
「新しい解決策を考えました。話を聞いてください」と河野外相をメディアの並ぶ公開の場に呼び出して先に拒否された案と全く同じ案を提示。
 (公開の場だったら日本は穏便に済ませようとして拒否しないはずだと考えていた模様)
  ↓
先日拒否したものと全く同じ案だったので河野外相が「無礼じゃないか!」と韓国側担当者を叱る
  ↓
韓国側「日本企業の資産がいよいよ売却されるぞ!賠償払えばまだ間に合うぞ!」
  ↓
日本企業側は無視
  ↓
文喜相。「2+2+αという画期的アイデアがある!」日本も賠償基金に参加しよういいアイデアだぞ!
  ↓
日本政府側「韓国は約束を守れ」
  ↓
韓国側「日本企業の資産が本当に売却されるぞ!いま賠償金を払えば間に合うぞ!」
  ↓
日本企業側は無視

2018年秋からやっていて
1年以上売却するぞするぞ詐欺をやっているのを見れば
GSOMIA破棄もそのままずるずると破棄するぞ破棄するぞと言い続けるのでしょう。

とにかくホームランしかねらっていない文在寅は
一発成功すれば勝ちだと思っているのでこの路線を諦めません。

・天山の 麓で起こる 悲劇かな

中国共産党がウイグルでやっている蛮行を見過ごすわけにはいきません。
ウイグルを見逃せばいずれ日本も中国共産党に民族浄化されることでしょう。
中国共産党は潰さなければなりません。

この期に及んでも中国との取引が重要だからと
日本政府側に譲歩するようにしか要求してこない経団連というクズ集団がいますが、
三流経営者たちが仲間同士でお互いを褒め合うためのしょーもないサークルです。

続きまして、弓取り様の作品。

・アカ旗が 売れず白旗 駅の前

飯を食う金がなくても赤旗だけは金を取られます。
生活保護の斡旋や仲介で生活保護に加入させ
たとえ生活が苦しかろうと赤旗の購読名目でお金を取ることを忘れない
貧困ビジネスをやっているのが日本共産党です。

証拠はブログ主。
母子家庭だったブログ主が学生の時に母が大病で入院し
生活保護を受けるために口利きをしてもらったものの
赤旗だけはきっちり購読させられてました。

・不買して ヘイトしながら 訪日し

日本側からの招待ということじゃないかぎり文在寅は来ないことにしているらしく
一応文在寅は訪日できないでいるんですよね。
日本の方が格下という韓国側の「小中華思想」が大前提にあるので
文在寅から訪日を依頼するのは格に見合わないということみたいです。

それでも経済の悪化が著しく、
日本の金を当てにしているために日本にすり寄ってきて
「韓国と日本は共に生きて繁栄するパートナーだ」
とか言ってましたね。

一方的な寄生関係にあるのはパートナーと言わないのですけどね。

というわけで今回の川柳紹介はここまでにしておきます。
のこりも紹介させていただきますのでよろしくお願いします。


【パチ倒産】人のせいにしてれば政権を取れる時代じゃないよ


ゴーンの逃亡でトルコ検察が
ジェット機のパイロットなど運行会社の5人を逮捕しました。
この件でアナトリア通信はこの運行会社幹部は
「レバノンの知り合いから頼まれた『助けなければ家族に被害が及ぶ』と脅された」
と供述しているとのことです。

当初からこのブログではレバノン政府ぐるみでなければ無理だと書いてきましたが、
だいたいそのとおりの構図のようです。

ゴーンについては不正な出入国を行っているので
逃亡するために罪を更に重ねている形になります。

ここまででている情報を整理すれば
弘中惇一郞らゴーンの弁護士団は
ゴーン逃亡を見逃したどころか加担したと言ってもよく、
日弁連は自ら懲戒(当然除名ものでしょ)手続きを行うべきでしょう。

弁護士団がきちんと監視しているからという理由で
検察の意見を却下して保釈を認めた東京地裁の島田一ら裁判官に対しても批判されるべきでしょう。
というか保釈要求されたら原則認めるような状態になっているいまの地裁の方がおかしいです。
パスポートの携帯まで認めてりゃ逃げられて当然ですよ。

またレバノンでは国民が大歓迎しているかのようにレバノン政府が装っていましたが、
レバノンの国民は批判的な眼で見ているようで、
レバノン政府として落とし所としてはゴーンを自宅軟禁状態にして
外部に接触させないようにするなどではないかと思われます。

ゴーンは逃亡するためにさらに罪を重ねた形になるわけですし、
ゴーンの有罪が確定したら協力者は犯人隠避などの扱いになると思われます。

ゴーンが日産のお金を着服するのに
レバノンやオマーンなど中東を架空投資の舞台に使ってきました。
レバノンでも一部がこれに噛んでいるとか
下手をしたら犯罪組織も協力している可能性まで疑っておいた方がよいでしょう。

今回の逃亡についてゴーンは単独で計画したと主張しているようですが、
ゴーン単独でこんな大がかりな逃亡を計画して実行に移すなんて事ができるはずがありません。

レバノンがもしゴーンが日産のお金を着服する
国際的な架空投資に一枚噛んでたとしたらどうでしょうか?

ゴーンがイスラエルに入国したから禁固15年の罪だという事を利用して
ゴーンを自宅軟禁状態にし続けるのではないでしょうか?

さらにゴーンとレバノン政府にとって都合の悪い情報が出てきたら
ゴーンが余計な事をしゃべる前にゴーンが物言わぬ形になるかもしれません。

ゴーンとしては逃亡でさらに罪を重ねていて
フランスなど他の国へさらに逃げようとしたらおそらく逮捕されるのは間違いなく。
(すでにフランスではルノーのお金を着服した事で訴えられてますので)
フランスの検察は日本の検察よりずっと強権ですので
予審開始の手続きを取られたら最長4年8ヶ月も問答無用で拘留される事になりかねません。

日本での今回の案件も海外逃亡したことにより時効が停止し続けますので
日本に逃げる事は不可能です。

汚職に対してはブラジル検察も厳しく訴追する組織です。
ゴーンはレバノンから逃げようにも逃げられないでしょうが、
万が一逃げたとしてもどこに行っても捕まるでしょう。

ゴーンは逃亡したことでかえって身動きが取れなくなったとも言えます。
素直に日本で有罪になって刑務所でタンスでも作ってタンスにゴーンとか言われる程度に収まってれば良かったのに。

ところで保釈中に逃亡の事例では「許永中」という人物がいました。
イトマン事件や石橋産業事件などで有罪になった人物です。

許永中は部落解放同盟の幹部と組んで大阪府の同和対策事業で荒稼ぎをしていました。
こうした関係から左翼政治家ともつながりが深く、
また韓国政界ともつながっており、フィクサーとして暗躍。
こうした背景から保釈中に逃亡し潜伏をしていた時には亀井静香などと接触していました。

韓国にやたら媚びたがる政治家と許永中と部落解放同盟。
自民党の媚韓派議員と社会党が手を組んでいたりした
かつての腐敗しきった田中派絶頂期の自民党の有力者との関係も強いと言えます。
(田中派絶頂期の中心派閥だった小沢一郎らがのちに民主党に合流)

こうした背景からか、
後に有罪が確定して収監されていたものの
民主党政権は自民党に政権が渡る寸前の2012年12月に
許永中を本人が希望したということで韓国に移送しました。

部落解放同盟や同和利権と言えば社会党の後継政党である民主党です。
(部落解放同盟と言えば民主党の支持母体の一つですからね)

それが部落解放同盟などとは疎遠の安倍晋三らに取って代わられたら不味い、
許永中に都合の悪い事をしゃべられたくないと考えたのでしょう。
2012年の12月にあわてて韓国に移送なんてわかりやすすぎます。


では、お次は部落解放同盟とはべったりの関係で
京都府議時代には「同和対策副委員長」だったのに
なぜかこの経歴を隠している事で知られるのが、
国民民主党所属の前バタトルジさんです。

人のせいにしてれば政権を取れる時代じゃないよ_d0044584_14553057.jpg

彼が今年も今までと同じ事を新年から言っていたので取り上げます。


人のせいにしてれば政権を取れる時代じゃないよ_d0044584_14542711.jpg

失われた30年のほとんどが自民党政権だったのだから
悪いのは自民党であるというのが前なんとかさんが繰り返している主張です。

では、ちょっと考えてみましょう。

—–
竹下内閣で消費税導入
 →小沢一郎の秘書官として香川俊介が消費税導入のために自民党議員を説伏して回った。

バブル崩壊後の早期の不良債権処理に公的資金投入を宮沢喜一が主張するも
宮沢を引きずり下ろして一日も早く権力を取り戻したい小沢一郎は政局のためにこれを妨害。
(これで不良債権処理は小泉内閣まで待つことになる)

細川連立政権発足
大蔵省は香川俊介の発案で「福祉目的税ということにしよう」と思いつく。
 →小沢一郎が細川護熙に「国民福祉税7%」を発表させる
  →国民からの非難が殺到し小沢は細川護熙のせいにして雲隠れ
   →細川護熙が突然の総理辞任で話は霧消
また細川内閣では小沢一郎が自身の片腕の藤井裕久を大蔵大臣に据えて
徹底的な円高誘導と国内産業空洞化にだけ注力したことで景気がさらに悪化。

自社さ政権で消費税の5%への増税を決定
 →前原誠司、菅直人、枝野幸男らは新党さきがけで与党へ。
  (なお阪神大震災も与党として経験している)

橋本龍太郎内閣にて村山内閣で決定された消費税増税法案をスケジュール通り実行。
 →景気どん底へ

小渕内閣で大規模財政出動にて景気対策を実行するも小渕が倒れ
再び財務省日銀主導で引き締めへ。

小泉内閣前半はひたすら緊縮で経済がさらに悪化。
これに懲りた小泉は政権末期は財政出動へ転換

第一次安倍内閣で景気が回復の兆しを見せるも
選挙大敗などを見た財務省・日銀が
金融引き締めを行って景気回復を阻止。

リーマンショックにあたって世界各国が財政出動によって対応しようと
麻生太郎首相がG20で呼びかける。
G20で中川昭一が各国の財務大臣を説得しこれを実現。
(のちに財務省・日銀と読売新聞、ブルームバーグが結託して中川昭一を失脚させる)
※麻生はこのあと景気が落ち着いたら消費税増税させてもらいたいと発言して財務省の省益確保だけは忘れていない。

民主党政権発足
民主党政権は2010年7月の参議院選挙に勝って独裁を完全なものにすべく
バラマキを行うための現金確保に奔走。
この現金集めのために麻生政権で立てられた景気対策補正予算を凍結し回収。
(中にはすでに事業が開始されているものも中止させて執行済み予算を回収した案件もあり)
(※さらに言えばなんの法令にもよらずに予算回収、事業仕分けで予算潰しなどをやっていたのは違法行為でした)
小沢一郎は再び自身の片腕である藤井裕久を財務大臣に据えた。
藤井裕久は大臣として再び過度な円高誘導を行い、
超円高による国内産業焦土化を進める。
民主党政権は消費税の10%への二段階増税を党を挙げて決定。

第二次安倍内閣発足
日銀総裁に黒田東彦を据えることに成功。量的緩和実施。
一方、緩和によって景気回復基調になるも
財務省の省益絶対守るマンの麻生太郎が引き締める事で
アクセルを踏みながらブレーキを踏むという歪な構造のアベノミクスが続けられる。
消費税の二度の増税によって景気の本格的な回復ができずに現在に至る。
—–

まず失われた30年の多くに関わってるのは財務省に媚びる連中。
特に小沢一郎はそもそも消費税導入から絡んでいますし、
実権を握っていた時に円高誘導一辺倒の政策を採り、
国内産業の空洞化だけを進めたのが小沢一郎、藤井裕久のコンビでした。
民主党政権ではこの超円高誘導を小沢一郎から実権を奪ったあとも継続し、
野田佳彦が解散せずに粘っていたらパナソニックまでもが潰れる寸前でした。
(おかげで1万5000人規模の大リストラが起きていますが)

日本国民にとって疫病神という実績しか残していない小沢一郎は
いま前原誠司と同じ国民民主党に所属しています。
前原誠司は失われた30年などとほざくのであれば
自身と小沢一郎や野田佳彦などについてきちんと総括すべきでしょう。
失われた30年のほとんどが自民党政権だったから悪いのは自民党。
そんな主張を10年も続けているのが前原誠司です。

また、麻生太郎という財務省の省益絶対守るマンの存在も指摘しなければいけません。

祖父の吉田茂を尊敬し、吉田茂の流儀なんて本も出しているのが麻生太郎です。
吉田茂は大蔵省一極支配が正しいと説いてきました。
大蔵省による圧倒的支配体制ならば他省庁による予算の分捕り合戦にならないという理由です。
英国かぶれの吉田茂は英国流を手本としました。
そのため英国の財務省のような形を理想としていたのでしょう。

ですが英国では予算は議会が決めるもの。
財務官僚が勝手に他省庁と接触して予算折衝するなんてことは許されていません。
この部分が根本的に違うのです。

麻生太郎がどのような考えでひたすら財務省を守り続けているのかはわかりませんが、
彼がやってきたことを見れば、
祖父の吉田茂の教えを守り続ける事で
日本国民の敵である財務官僚を守り、
財務省による日本国民と日本の破壊を守ってきた。
そう言って間違いないでしょう。

日本では財務官僚が勝手に他省庁と予算折衝しますし、
なによりも他省庁の人事給与に関係する部署に主計局から出向させて
各省庁の給料を握り続ける事でも他省庁に対しての支配を行ってきました。

表で予算で他省庁が頭を下げないと予算拡大を認めず、
無視しておくとどんどん予算を縮小してくるのが財務省です。
それが各省の給料まで握っているのですから
財務省の支配力がどれほどのものかわかると思います。

第一次安倍内閣で内閣人事局案が通ったものの
その後民主党がずっと内閣人事局が機能しないように妨害し続けてきたのは
この人事に介入されたくない財務省の思惑通りの動きだったと言っていいでしょう。

日本の財務省は権限が大きすぎるだけでなく
選挙で国民が首にすることもできません。

また、日本の官僚制度は仲間内だけでポストを争い、
ポストはどんどん少なくなっていくので出世したいやつは追い出して天下りさせる。
天下りを大前提としつつ外部から人が全く入らない構造になっています。
こんな状況で国民からメスを入れる事もできないように法律で守られているわけです。
これで腐敗するなというほうが無理でしょう。

そんな中で一極支配という体制を維持して
財務官僚が勝手に予算折衝してこられるのです。
当然、財務官僚が他省庁に求めるのは天下り先の確約という手土産でしょう。

民主党政権でマスゴミが持ち上げまくってショーにした事業仕分けは
元大蔵官僚の加藤秀樹が提唱してきたものでした。

そして実際に行われた事業仕分けは
財務官僚が台本を書いてそのとおりに仕分けていたことを
夕刊フジが台本を入手してすっぱ抜いたことがあります。

財務官僚としては今まで削ったり潰したりすることができなかった部分の
財務省以外の他の省庁の予算を潰すことで
他省庁に対してさらなる支配力を持ちたいというのがこの事業仕分けの狙いでしょう。
潰された予算がどうしても必要だから復活を財務省にお願いしにいくとすれば
財務省が認めるための「手土産」が必須になりますからね。

ちなみに民主党政権で行われた事業仕分けは
なんの法令にも基づかずに勝手に予算を変更する違法行為でした。
そのことが国会で指摘されると
民主党は財務官僚崩れの古川元久が
「事業仕分けはただの意見の開示であるから違法ではない」
という言い訳を主張。
これ以降、事業仕分けは「意見の主張」ということにして続行されました。

いつもどおり脱線しまくったところで話を戻しましょう。
失われた30年とは財務省という日本国民の敵と
その日本国民の敵に媚びるロクデナシどもによって作られてきた。
そう言っていいでしょう。

特に小沢一郎は不良債権処理なども政局のために利用したクズ中のクズで、
「国民の生活が第一」なんて言っていますが、
日本国民の生活はどうでもいいというのが本音であると
小沢一郎が自らの行動で示してきた事実だと言っていいでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント